AWSエンジニアとはどんな仕事?需要や年収、仕事内容、スキルも紹介

いまや、 IT関連技術の発展によって「インフラエンジニア」の仕事の需要というものは右上がりで急激に上昇し続けています。
そもそも、「インフラエンジニア」はどのような仕事でしょうか。簡単に説明しますと、今の社会で使われている通信やシステムの基盤を作っている職種です。

例えば、皆さんがインターネットを通じてWebサイトを見ると思いますが、そのサイトを見ることのできる仕組みを作っているのが「インフラエンジニア」の業務のひとつとなります。
今回は、「インフラエンジニア」の職種の中のひとつである「AWSエンジニア」の仕事内容や年収、将来性について紹介します。

AWSとは?

「AWSエンジニア」というのは、「インフラエンジニア」の職種のひとつであることは理解できましたでしょうか。

そもそも「AWS」とはどういう意味でしょうか?

「AWS」とは、「Amazon Web Services」の略称となっており、皆さんがご存じの「Amazon社」が開発・提供しているクラウド型のサービスのことです。 「クラウド」というのは、インターネットを利用してアプリやデータベースなどのリソースを提供できるサービスの総称となっています。

例えば、皆さんが使っている「Gmail」などの「WEBメール」もクラウドサービスのひとつです。 それでは、「AWSエンジニア」について詳しく見ていきましょう。

AWSエンジニアの意味

「AWSエンジニア」とは、いくつかあるクラウド製品の中でも、「AWS」について詳しい知識や優れたスキルをもっているエンジニアのことを指します。

AWSエンジニアの仕事内容は、「クラウド」の環境が急速に普及しはじめたことから、「オンプレミス」からクラウドへの移行案件。 「AWS」を利用して、上流工程と呼ばれる要件定義・設計・構築から下流工程と呼ばれる保守・運用する業務などが挙げられるでしょう。

ここで、「オンプレミス」という用語がでてきました。 「オンプレミス」とは、「クラウド」に対する用語となっており、自社の中でサーバーやソフトウェアなどの情報システムを設置し、自社にある設備によって運用することを指します。

クラウドサービスの急激な発展にともない、「AWSエンジニア」は需要の高い職業として注目されてきています。 「AWS」を使いこなすことができる人材は、人手不足なことから、現在仕事の応募の求人も多いです。

AWSエンジニアの仕事内容

AWSエンジニアが行う主な仕事内容は、下記の2つです。

  1. AWSを用いたシステムの設計・構築から保守・運用
  2. オンプレミスからクラウドへの移行

それぞれ解説していきますね。

1. AWSを用いたシステムの設計・構築から保守・運用

「AWSエンジニア」の仕事内容は「インフラエンジニア」の仕事内容と似た点が多いです。

「AWSエンジニア」はクラウドの知識をもった「インフラエンジニア」と言えるでしょう。 よって、「インフラエンジニア」が行っている、システムの要件定義・設計・構築から保守・運用までを「AWSエンジニア」も行います。

2.オンプレミスからクラウドへの移行

実際にクラウドを導入する企業が増えている背景から、「オンプレミス」から「クラウド」への移行する業務があります。 これまで「オンプレミス」の環境で、「サーバーエンジニア」や「ネットワークエンジニア」が担っていた業務を「クラウド」へ切り替え、業務を進めていくというイメージです。

つまり、「AWSエンジニア」は、「オンプレミス」の知識やスキルも求められることになるでしょう。 システムの移行の案件は様々な知識・スキルが必要であるため、ハイレベルな人材が求められます。

AWSエンジニアの平均年収

年齢年収
20代300万円〜500万円
30代400万円〜700万円
40代600万円〜

「AWSエンジニア」の年収は、「インフラエンジニア」の職種の中では、比較的高い傾向があります。 理由としては、「AWSエンジニア」には、「インフラエンジニア」としての知識、経験に加えて、需要が高く、希少性価値のある「AWS」の知識が必要です。

20代では、経験を積みスキルを磨くことが大切です。
30代では、プロジェクトリーダーなどを任され、プロジェクトを引っ張ていく存在になるかと思います。40代になりますと、プロジェクトマネージャーや管理職となり、年収が高くなります。

「AWSエンジニア」として上流工程である要件定義などの経験のある方は、需要が高く高収入になりやすいでしょう。 高収入を得たい方は上流工程の経験ができる会社に勤めることをおすすめします。

AWSエンジニアに必要なスキル

AWSエンジニアに必要なスキルは、下記の2つです。

  • スキル①:サーバー、ネットワークなどのインフラ技術
  • スキル②:AWSを扱う専門スキル

それぞれ解説していきますね。

スキル①:サーバー、ネットワークなどのインフラ技術

「インフラエンジニア」としての基本的なスキルがまず必要です。

インフラエンジニアにとって必要となるスキルとなるのが、サーバーやネットワーク、ソフトウェアなどの知識や技術です。 その中でも、「Linux」に関する操作知識は最も初歩的なスキルとなっています。

さらに、システム開発におけるひと通りの作業工程の知識や経験、システムトラブルの際の障害対応スキル、プログラミング知識などがあると「インフラエンジニア」としては重宝される人材になれるでしょう。

スキル②:AWSを扱う専門スキル

「インフラエンジニア」としての基本的なスキルがある方は、クラウドサービスの基礎知識をまず身に付けましょう。 理由は、「AWS」はクラウドサービスのひとつだからです。

クラウドサービスについてある程度身に付けたら、「AWS」に関する専門的な知識を身に付けましょう。 「どのようにして身に付ければいいの?」という疑問を抱く方もいると思います。

仕事の業務として「AWS」に関わる機会があれば、スキルを身に付ける最も近道となるでしょう。

AWSエンジニアにおすすめの資格

「AWSエンジニア」の仕事内容、必要なスキルについて理解できましたら、「AWSエンジニア」を目指す方におすすめとなる資格について紹介します。 ただし、「AWSエンジニア」となるために、必ずしも資格を取得する必要はありません。

資格を取ることの理由としては2点あります。

  • 「AWSエンジニア」としての証明
  • 資格という目標を設定することでスキルの上昇

ここからは、「インフラエンジニア」の未経験・経験に応じた、おすすめの資格を紹介しましょう。

おすすめ資格①:Linux技術者認定資格LPICまたはLinuC

「インフラエンジニア」未経験の方が「AWSエンジニア」になるためには、まずは「インフラエンジニア」としての基本を身につける必要です。

「インフラエンジニア」は「Linux」を使いこなすことがまずは重要です。 そのため、「Linux」の知識、利用方法を理解し、インフラの設計、構築経験を積むことがおすすめです。

「インフラエンジニア」未経験の方は、Linux技術者認定資格である「LPIC」または「LinuC」 を取得することで、「AWSエンジニア」になるための下準備をしましょう。

おすすめ資格②: AWS認定資格

次に、「インフラエンジニア」経験者の方が「AWSエンジニア」になるためのおすすめの資格を紹介します。

「AWS認定資格」というものがあります。 「AWS認定資格」は難易度、役割、専門知識ごとに全部で11種類が実施されています。 AWSは原則として、英語で説明書きされていますが、試験については、ほぼ日本語でも受験可能です。

「AWS認定資格」を取得することで、「AWSエンジニア」としてのスキルを証明することができるようになります。 また、「AWS認定資格」の資格勉強することによって、「AWS」に関する専門的なスキルを身に着けることができるでしょう。

「AWS認定資格」は、AWSサービスの全般について網羅しており、知識を深めることができ、現場の業務で、役立つため、取得を目指している方が急激に増加しています。

AWSエンジニアの将来キャリアパス

最後に、「AWSエンジニア」のキャリアパスについて紹介します。

まずは、未経験の方は、「インフラエンジニア」になることから始めましょう。

IT業界は人手不足な状況にあり、会社によりますが、必要な資格も特にないため、未経験でも「インフラエンジニア」になることの難易度はそこまで高くないです。 さらに、「AWSエンジニア」は、将来性の高い職業といえます。

たくさんの企業が「オンプレミス」から「クラウド」へのサービス移行しようとしており、「AWS」のサービスは、今後も需要が増加していくでしょう。

今後、「AWSエンジニア」として活躍していくためには、「AWS」を用いた提案や「AWS」を自在に操作できるスキルを身に着ける必要があります。 容易に身に着けられるものではありませんが、AWS関連事業の需要がこれから増加していく可能性が高いだけに、価値が高いスキルと言えるでしょう。

「AWSエンジニア」として高いスキルを身に付けることができたら、将来的にフリーランスになり稼がれる方もおられます。

まとめ

今回は、AWSエンジニアについて解説しました。AWSは、世界でもシェア率が高いサーバーです。

そのため、AWSエンジニアは、需要が高く年収も高くなっています。 これを機に、AWSエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ

フリーランスエンジニア未経験誰でもできる!未経験でフリーランスエンジニアになる7STEPを徹底解説