カスタマーエンジニアとはどんな仕事?年収やスキル、キャリアパス、将来性も紹介

ITエンジニアには、システムエンジニアネットワークエンジニア、カスタマーエンジニア等と多くの職種があります。
特にカスタマーエンジニアは、ユーザーと最も接する時間が多い仕事であり、会社の顔として責任ある職種です。

今回は、ITエンジニアの中であまり知られていないカスタマーエンジニアについて仕事内容から必要なスキル、そして年収までをご説明します。

カスタマーエンジニアとは?

カスタマーエンジニアとは、ユーザーから発注された製品システムの導入から保守までを担当する技術者です。具体的にはシステムエンジニアネットワークエンジニア等が開発した製品システムを実際にユーザー先に設置して稼働するまでの作業を行います。

また稼働後も定期的にユーザー先に出向き、機器類の保守を行います。更に製品システムにトラブルが発生した際は、現場に直行して不具合対応にあたります。

ユーザーから見ると製品システムを熟知した頼もしいエンジニアです。

カスタマーエンジニアの意味

カスタマーエンジニアは、日本語にすると「顧客の技術者」です。この仕事は製品システムがユーザー先に届いてから廃棄するまでの長い期間、顧客の前面に立つ仕事です。

ユーザーは製品システムに関するよろず相談の役どころになります。 従いましてカスタマーエンジニアの意味するところは「顧客の技術者」という言葉が相応しいです。

カスタマーエンジニアが行う3つの仕事内容

カスタマーエンジニアが行う仕事内容は、主に以下の3つです。

  1. システム機器の設置
  2. システムの導入支援
  3. システムの保守・点検

それぞれ解説していきますね。

1.システム機器の設置

ユーザーが発注した製品システムを実際にユーザー先に設置して稼働を確認した後、ユーザーに引き渡しを行います。

製品によっては設置環境に条件がある場合、事前に空調設備や電源増設等の相談や手配等も行います。 このため、電気工事に関する知識やスキルも必要とされる仕事です。

2.システムの導入支援

ユーザー先のオペレーターに対してシステムの操作や定期メンテナンス等の教育を行います。

またオペレーターと相談しながら初期設定の機能をユーザーが使い易いようにカスタマイズする支援も行います。

3.システムの保守・点検

ユーザー先に納品した製品システムは家電と異なり、製品を維持するために定期的な保守が必要になります。

一般的にカスタマーエンジニアは保守契約を締結後、月1回の定期点検とトラブル発生にユーザー先を訪問します。 なお、企業のデーターセンターに導入する製品は、24時間の保守契約を結ぶケースがあります。

この際はカスタマーエンジニアが三交代勤務でユーザー先に常駐し、製品システムの稼働を監視しすることもあります。

カスタマーエンジニアの平均年収

年齢年収
20代300万円〜450万円
30代500万円〜600万円
40代600万円〜800万円

カスタマーエンジニアにおける年代別の平均年収を紹介します。

この記事では、カスタマーエンジニアを多く抱える富士ゼロックスの平均年収を記載します。 なお、同社の年収は情報機器メーカーの中でも常にトップクラスです。

カスタマーエンジニアに必要な3つのスキル・能力

カスタマーエンジニアに必要なスキル・能力は以下の3つです。

  • スキル1:コミュニケーションスキル
  • スキル2:故障診断(トラブルシューティング)スキル
  • スキル3:英文の読み取り能力

それぞれ解説していきますね。

スキル1:コミュニケーションスキル

カスタマーエンジニアはユーザー先からのよろず相談窓口として最前線に立つ役割を担っています。

このため、ユーザー先との信頼関係を獲得するためにはホウレンソウ(報告・連絡・相談)ができる人でなくてはなりません。 更にユーザーからの相談内容はシステムやネットワーク、サーバー等の自己スキル領域外であるケースもあります。

この際は自社の担当エンジニアと話をして解決策を引き出す必要があります。 従いましてカスタマーエンジニアは、多くのキーパーソンとやり取りが出来るコミュニケーションスキルが不可欠です。

スキル2:故障診断(トラブルシューティング)スキル

稼働中のシステム製品にトラブルが発生した場合、真っ先に通報が届くのはカスタマーエンジニアです。 この際、カスタマーエンジニアは現場に直行してシステム製品の復旧を行います。

この時、カスタマーエンジニアに求められるスキルは発生している現象から要因を切り分けて原因を突き止める故障診断能力です。

スキル3:英文の読み取り能力

カスタマーエンジニアの仕事は、IT機器やサーバー機器に加えて様々なソフトウェアを扱います。

これらの機材を扱うためには、操作マニュアルやインストールマニュアル等を読みこなす能力が必要です。 なお、該当マニュアル類は英語であることが多いので英文の読み取り能力が必須となります。

カスタマーエンジニアへおすすめしたい3つの資格

カスタマーエンジニアに従事するため、必須な資格はありません。

しかしながらカスタマーエンジニアとして企業に就職や転職をする場合、有利に働く資格は以下の3点です。

  1. 電気工事士
  2. 工事担任者
  3. シスコ技術者認定

それぞれ解説していきますね。

1.電気工事士

電気工事士は、エアコン設置や屋内配線工事等の作業をする際に必須な国家資格です。

これらの作業はカスタマーエンジニアの仕事ではありません。 しかしながらシステム製品納入の際、電源設備の追加工事が必要となった場合、電気工事の知識があった方がスムーズに仕事が進みます。

2.工事担任者

工事担任者は基幹ネットワークに端末機器を接続する工事や通信ケーブルの配線等を行う際に必要となる国家資格です。

この資格もカスタマーエンジニアの仕事に必須ではありません。 しかしながら、カスタマーエンジニアのスキル向上としてネットワーク知識もあることが望ましいです。

3.シスコ技術者認定

シスコ技術者認定は、世界最大手のネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズ社が運営するネットワーク技術の認定試験です。

ITの世界は日進月歩であるため、新しい知識を獲得していくことは好待遇での雇用も考えられます。

カスタマーエンジニアがキャリアを築くには

カスタマーエンジニアは、主にハードウェアスキルを有した技術者ですがシステムやネットワーク、ソフトウェア等の幅広い知識もあります。

更にユーザーとの信頼関係を構築するため、コミュニケーション能力も高いです。 つまり、システム製品に対して最も熟知しているキーパーソンはカスタマーエンジニアです。

そのため、カスタマーエンジニアのキャリアパスとしては自社のシステム製品やサービスをユーザーにコンサルティングするセールスエンジニアが最適です。

まとめ

カスタマーエンジニアは、ただエンジニアリングが出来るだけではなく、対クライアント、対ユーザーとのコミュニケーションも円滑に取ることが求められる職種です。

その分、希少価値も高く、企業においては重宝されるケースが多いです。 ただ、エンジニアリングだけではなく、ユーザー相手の仕事もしたいという方はカスタマーエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。