【完全版】ライターになるには?出版/Web/SEO/インタビュー別に紹介

【完全版】ライターになるには?出版/Web/SEO/インタビュー別に紹介

「フリーランスライターってどうやったらなれるの?」
「企業でライターとして採用してもらうためには、何を準備しておけばいい?」
「そもそもライターってどんな種類があるの?」

この記事を訪れたあなたは、このような疑問を持っているのではないでしょうか。

「文章を書く仕事がしたい!」という思いは同じでも、ライターには、雑誌のライターやWebライター、インタビュー専門のライターなど、いろいろな種類があります。

フリーランスとして働くのか、企業に就職して働くのかによってもなり方が異なります。どこに文章を掲載したいか、どんな形態で働きたいかといったイメージを持ったうえで行動することが大切です。

そこで今回は、ライターの種類について解説し、それぞれの種類について、ライターのなり方をお伝えします。

フリーランスライターと正社員のライターの両方について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。ライターのなり方についてはもちろん、ライターの仕事についても知れるので、将来を具体的にイメージできるようになるでしょう。

それでは参ります。

ライターには種類がある

ライターは、文章を掲載するのが紙媒体かネットかによって種類が分かれます。また、自分だけで完結する書き方と、他者にインタビューをする書き方があるのも特徴です。

文章力の他にインタビューのスキルが必要になるなど、身に付けるべきスキルにも違いが出ます。ライターの種類によって、就職先や必要な準備などが変わりますので、どのような種類があるのかをしっかりと確認しておきましょう。

今回は大きく3種類に分けて紹介します。

出版・編集者

出版分野のライターは、雑誌や書籍などの紙媒体に文章を掲載します。出版社や編集プロダクションなどに就職するのが基本ルートですが、募集があればフリーランスとして出版社などと契約することも可能です。

編集者は出版社や編集プロダクションなどに正社員として所属することがほとんどです。企画を立案してライターに依頼し、進捗状況の管理や入稿された文章の修正をします。ライターから経験を積んで編集者にステップアップしていくかたちが基本です。

Webライター

Webライターは、その名のとおり、紙媒体ではなくネット上に文章を掲載します。企業のサイトや大手のブログで文章を執筆するほか、自身でブログを運営して広告収入を得るという方法もあります。活躍の場が広いのが特徴です。

Webライターの中にも種類があるので、2つ紹介します。

SEOライター

SEOライターは、SEOのスキルを駆使してウェブページの訪問者を増やしながら、ネット上で文章を執筆するライターです。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、特定のページをより多くの人に見てもらえるよう、検索結果の上位に表示されるようにするスキルを指します。ネット上で文章を公開しても、見てもらわなければ意味がないので、Webライターの場合はSEOのスキルが重要です。

有益だと思われるページが検索結果の上位に表示されるため、検索ワードから、検索した人の悩みや知りたいことを読み取り、それを解決するような文章を執筆することになります。

特に、広告収入を収入源とするサイトの場合は、多くの人にサイトを訪問してもらい、広告を表示させることが必要です。そのため、SEOライターは多くのサイトから重宝されます。

コピーライター

コピーライターは、コピーライティングを駆使することで、商品の購入へ読者を繋げる文章を執筆するライターです。企業のホームページや通販サイトなどで活躍します。

コピーライティングとは、読者の悩みや欲求を分析し、商品やサービスでそれが解決できることをアピールする文章を書くという考え方です。勉強の苦手な子をもつ親に向けて学習塾を紹介する文章などがイメージしやすいでしょうか。

商品やサービスを売りたい企業にとっては、ネットで集客できれば非常に効率的です。そのため、商品を購入したくなるような文章を書けるコピーライターが重宝されます。

インタビューライター

インタビューライターは、紙媒体でもネット上でも活躍できるライターです。他者にインタビューをすることによって情報を収集し、文章に落とし込みます。

具体的には、音楽系の出版社などに所属し、アーティストに取材して、音楽雑誌にインタビュー記事を掲載するという流れがイメージしやすいでしょうか。ネット上だと、企業のホームページに掲載するための、従業員へのインタビュー記事の依頼などがあります。

自分だけでは完結せず、他者へのインタビューが必要な点が、ライターの種類として他の種類と区別される点です。

ライターには働き方が2種類ある

ライターの仕事内容に関する種類について紹介しましたが、ライターには働き方にも2種類あります。ライターとしての目標や求める収入、仕事にあてられる時間などによって自分に合う働き方はそれぞれ異なるはずです。

2種類のうち、どちらの働き方が合いそうかを確認しておきましょう。

企業に就職する

企業に就職してライターになる場合の就職先は、出版社や編集プロダクションのほか、ネットメディアを運営する企業、通販サイトを運営する企業などがあります。

安定した収入が得られるのが大きなメリットです。また、社員のスキルアップのためにノウハウを教えてもらえることも多く、ライターとして効率的に成長できます。のちにフリーランスとして独立する際に、職歴として実績になるのも強みです。

フリーランスとして独立する

フリーランスは契約する案件によって単価が異なり、報酬の高い案件ではスキルや経験が求められます。企業の正社員としてライターの経験があれば、報酬の高い案件にも挑戦できるでしょう。

一方、未経験の場合は報酬の低い案件しか受注できず、スキルが身に付くまではライターの収入だけで生活することは難しい可能性が高いです。未経験の場合は、副業として始めるのが現実的かもしれません。

また、自身でブログを運営し、広告収入を得るという方法もあります。記事が検索上位にあがってくるようなブログをつくるのは時間がかかりますが、上手くいけばブログだけで生活することも可能です。

出版・編集者になるには

雑誌や書籍などの紙媒体で文章を執筆したい場合は、出版社や編集プロダクションなどに就職するか、フリーランスとして出版社などと契約する方法があります。

編集者になりたい場合は、まずライターとしての実績を積むことが必要です。

身に付けるべきスキルとは?

出版社などへの就職を考えるのであれば、大手の企業であるほど、応募条件として大卒以上を指定することがあるので、大学を卒業しておくと有利だと言えるでしょう。

ライターや編集者に必要な資格はありませんが、「文章読解・作成能力検定」や「日本語検定」、「日本漢字能力検定」などを持っていれば、ある程度の文章力は認めてもらえそうです。他者の記事を誤って盗作してしまっては大変なので、著作権に関する知識を身に付けておくのも良いでしょう。

「ビジネス著作権検定」という資格がありますよ。編集者を目指す場合は、校正士の資格をとっておけば、熱意が伝わるでしょう。

また、文章を執筆するにあたって、グルメや音楽、ビジネスなど得意な分野があると、ライターとして重宝されます。得意な分野をつくっておくのもおすすめです。

企業に採用される方法

ライターや編集者の募集は経験者を条件にしている場合が多く、未経験でいきなり正社員になることは難しいのが現状です。

アルバイトであれば未経験で募集している企業があるので、アルバイトから挑戦してライターとしての実績を積みましょう。社員への登用制度がある企業であれば、なお良いですね。クラウドソーシングサイトを利用してフリーランスで実績を積むという方法もあります。

ライター業界は経験重視なので、正社員で就職できなかったとしても、アルバイトやフリーランスなどでライターとしての実績を積むようにしましょう。

フリーランスとして独立する方法

フリーランスライターとして紙媒体で記事を執筆したい場合は、社員として実績を積むことから始めるのが現実的です。紙媒体の場合は、企業との契約になるため、ある程度の実績が求められます。未経験のフリーランスライターが紙媒体で書かせてもらうというのは難しいでしょう。

すでに出版社などの企業で社員としてライターの経験を積んでいる場合は、人脈をつくってからフリーランスとして独立するのがおすすめです。フリーランスは自分で案件を受注しなければ仕事がないので、仕事を発注してくれる人脈が大切です。

口コミ・評判

現役で働く出版・編集者の方の口コミを紹介します。SNSで「編集者」や「出版社」というワードで検索した結果、あがってきたのが以下の2つの口コミです。

口コミ①「今週は締切4本と入稿2本、毎日が締切。」

編集者のお仕事は、かなり忙しそうですね。でも、たくさんの業務をこなした後のビールがとてもおいしそうです!

多忙ですが、その分達成感の味わえるお仕事なのかもしれません。

口コミ②「前職である出版社の上司から業務委託で契約しないかと言われた!」

出版社で働いておくと、退職した後も人脈として活かせることがあるようですね。いずれはフリーランスライターになりたいと思っている場合でも、スキルアップや実績・人脈づくりを考えれば、出版社に就職するのはメリットがありそうです。

SEOライターになるには

SEOライターとしてWeb媒体で文章を執筆するには、ネットメディアを運営する企業などに就職する方法と、フリーランスとしてネットメディアを運営する企業などと契約する方法があります。

また、SEOのスキルがあれば、自分でブログを運営して広告収入を得るという道も選択可能です。

身に付けるべきスキルとは?

SEOライターに必要なスキルは、なんといってもSEOに関する知識と技術です。SEOのスキルを駆使して、ウェブサイトを検索結果の上位にあげることができれば、企業から重宝されます。自身でブログを運営する場合も、訪問者が増え、より多くの広告収入に繋がるでしょう。

SEOに関して解説している書籍やブログ記事はたくさんあるので、独学でもSEOスキルを身に付けることができます。独学が難しければ、SEOライティング講座を受講するのもおすすめです。学びながらたくさん記事を書いてスキルアップをしていきましょう。

企業に採用される方法

未経験のライターを正社員で雇ってくれる企業は少なく、アルバイトなどから始めてキャリアアップしていくのが一般的です。

採用する側としては、どれくらいのSEOスキルがあるかを知りたいはずなので、実績を準備しておきましょう。「自分が書いた記事の検索結果がどれくらい上位にあるのか」を示すことができれば、SEOのスキルを証明することができます。

アルバイトやフリーランスとして受注した記事や、自身が運営するブログの記事について、検索結果の上位を獲得し、アピールの材料にしましょう。特に自身でブログを運営しておくと、サイトの運営・記事の管理・企画力など、一気に多くの力を証明できるのでおすすめです。

フリーランスとして独立する方法

Web媒体でのライティングは、未経験でもフリーランスとして働き始めることができます。クラウドソーシングサービスなどを使えば、スキルのない初心者でも案件を受注することが可能です。SEOのスキルがあるだけで喜ばれることも多いので、SEOライターは案件を受注しやすい種類だと言えます。

ただし、フリーランスは低い単価から始まることが多く、低い単価のままでは、生活も厳しくなるのが現実です。自身のスキルをアピールして、高単価な案件を受注していきましょう。案件を受注するのではなく、自身でブログを運営して広告収入を得た方が稼げる人もいます。

企業に就職したあと、フリーランスとして独立したい場合は、企業で働きながら自身で運営しているブログを副業として育てておくという方法があります。ブログの収益だけで生活できる目途がついてから、企業を退職し、フリーランスになれば、経済的な心配がありません。

自身のブログで記事を書くのではなく、案件を受注して記事を書くフリーランスライターになりたい場合は、企業で働いている間に、上司などからSEOの知識や技術をしっかりと学んでおきましょう。フリーランスとして独立すると、知識や技術を教えてくれる存在はなかなかいません。

企業にいる間に学んでおくのが大切です。職場で、案件を発注してくれそうな人脈をつくっておくのも良いですね。

口コミ・評判

現役で働くSEOライターの口コミを紹介します。SNSで「SEOライター」と検索した結果、あがってきたのが以下の2つの口コミです。

口コミ①「大変ではあるけど、勉強ができて毎日が楽しい」

SEOライティングは奥が深くて、勉強するのもおもしろいようです。やっているうちに関心が深まる場合もあるようです。

口コミ②「分析と改善方法を考えるのが幸せ」

SEOに取り組んだ結果、検索結果の上位にあがってくると成果がみえて楽しそうですね。どうすれば上位にあがってくるのかを分析するのが好きな人に向いてそうです。

コピーライターになるには

コピーライターとしてWeb媒体で文章を執筆するには、通販サイトを運営する企業などに就職する方法と、フリーランスとして通販サイトを運営する企業などと契約する方法があります。

コピーライターは商品の売上に直結するので、コピーライティングの技術が高くなると企業から重宝され、1件数万円で文章を執筆することも可能です。成果報酬型の案件もあり、自分が執筆した文章で商品が売れれば売れるほど報酬が上がります。

コピーライティングの技術が高いライターは、企業に就職するよりも、フリーランスとして独立した方が稼げる場合もあるかもしれません。

身に付けるべきスキルとは?

報酬にも影響するのが、コピーライティングのスキルです。読んだ人が、商品を購入したいと思うような文章が書くことが大切です。

コピーライティングに関する本やブログ記事がたくさんあるので、基礎的な知識は独学でも学べるでしょう。ただし、心理学的な要素のある技術なので、しっかりと学ぶには、コピーライター養成講座などを受講することをおすすめします。

講座には受講料がかかりますが、技術の高さで報酬が決まることを考えれば、有益な自己投資と言えるのではないでしょうか。

企業に採用される方法

未経験のライターを採用する企業は少ないため、実績を積んでいくことが必要です。コピーライター養成講座に通うことも実績になりますし、アシスタントの募集を探して働くという方法もあります。

マーケティングやWeb分析などの経験も実績になるので、商品を売るためのノウハウを得られるような経験を積んでおくのも良いでしょう。マーケティング部門などの異業種から転職して、コピーライターになるというパターンもあるようです。

フリーランスとして独立する方法

企業でコピーライターとして働いてから、フリーランスとして独立する場合は、企業での実績や人脈を使ってフリーランスの案件を受注するのが理想的です。

未経験でフリーランスとしてコピーライターになりたい場合は、クラウドソーシングサイトを利用すれば案件を獲得できます。ただし、未経験で受注できるのは低単価な案件が多く、生活が厳しくなるのは必至です。

お小遣い稼ぎ程度でいいなら、未経験でフリーランスを始めるのも一つの道ですが、コピーライターだけで生活したい場合は、企業へ就職してから、フリーランスとして独立するのが現実的でしょう。

企業への就職を避けたい場合は、遠回りですが、低単価な案件からコツコツと実績を積みましょう。スキルアップと同時に、単価アップを目指していくかたちになります。

口コミ・評判

現役で働くコピーライターの口コミを紹介します。SNSで「コピーライター」と検索した結果、あがってきたのが以下の2つの口コミです。

口コミ①「SEOライティングを勉強していた時より今の方が楽しい」

コピーライティングは心理学的な要素があるので、人の心の動きを考えるのが好きな人にとってはたまらないのかもしれません。

口コミ②「『それが言いたかった!』とクライアントに言われるのが1番嬉しい」

クライアントの想いを汲み取って文章にするやりがいと、それをマーケティング戦略に乗せて収益に繋げるやりがいという2つの喜びがあるようです。これもまたコピーライターの魅力ですね。

インタビューライターになるには

インタビューライターの活躍の場には、紙媒体とWeb媒体があります。いずれにせよ出版社や編集プロダクションなどに就職する方法と、フリーランスとして企業と契約する方法が選択可能です。

インタビュー記事だけを書きたい場合は、インタビュー案件の豊富な企業への就職がおすすめです。有名ライターになれば、フリーランスでもたくさんインタビュー記事の依頼がきますが、そうでない場合は、インタビュー記事の案件を探すのも一苦労かもしれません。

ただし、インタビューライターだけではなく、SEOライターとしても文章を執筆するのであれば、フリーランスライターとして幅広い案件を受注し、活躍できるでしょう。

身に付けるべきスキルとは?

インタビューライターの場合は、インタビューのスキルが必要です。コミュニケーション能力はもちろん、どういった質問をすればおもしろい話が聞き出せるかといった質問の仕方に関するスキルを身に付ける必要があります。

また、インタビューをして書いた文章が、誤ったニュアンスになってしまえば、インタビューに協力してくれた方の反感を買ってしまうリスクがあるのも特徴です。相手の回答から、正しく想いを汲み取る力も大切ですね。

プラスアルファのスキルとしては、写真を撮れるとなお良いです。取材先で写真を撮って記事に載せることを求められることも多いので、写真の練習もしておきましょう。

企業に採用される方法

未経験のライターを採用する企業は少ないため、実績を積んでいくことが必要です。

インタビューライター養成講座に通うことも実績になります。ノウハウを学ぶだけでなく、講師を通して仕事を紹介してもらえることもあるようなので、人脈づくりも兼ねて挑戦するのも良いでしょう。

実際にライティングの経験を積むためには、アルバイトや単発での依頼をこなすという方法があります。いきなり正社員として採用してもらうのは難しいので、アルバイトから挑戦するつもりで取り組みましょう。

フリーランスとして独立する方法

クラウドソーシングサイトを利用すれば、インタビューの記事作成といった案件もあるので、フリーランスとして案件を受注して取り組むことができます。

ただし、案件はそれほど多くありません。クラウドソーシングサイトだけでなく、直接依頼がくるようなライターにならなければ、ライターだけで生活するのは難しいでしょう。取材案件をもつクライアントは、複数のライターを抱えていることが多いので、そのメンバーに入れてもらうことが必要です。

企業に就職してインタビューライターをしてから、フリーランスとして独立する場合は、企業の人脈でメンバーに入れてくれるクライアントを確保したうえで独立すれば、スムーズでしょう。

未経験でフリーランスとして始める場合は、クラウドソーシングサイトで案件を受注しつつ、人脈をつくっていく必要があります。インタビューライター養成講座で人脈をつくったり、SNSなどで個人的に人脈をつくるといいですね。

インタビューライター同士でお互いをそれぞれのクライアントに紹介すれば、仕事も広がっていくでしょう。知り合ったインタビューライターの取材に同行させてもらい、インタビューの仕方を学ぶという姿勢も必要かもしれません。

口コミ・評判

現役で働くインタビューライターの口コミを紹介します。SNSで「インタビューライター」と検索した結果、あがってきたのが以下の2つの口コミです。

口コミ①「語るときに初めて出てくる想いを拾えるのは自分だけかもしれない」

文章を書くだけでなく、インタビューもしなければならないのがインタビューライターです。でも、インタビューだからこそ拾える言葉があるのは魅力かもしれません。

口コミ②「喉が弱くて風邪がすぐに喉にくる。取材が入っていたら大変なことに…」

インタビューは、相手と日程を決めているので、体調管理が大切です。体調を崩しやすい場合は、工夫が必要なようですね。

まとめ

出版・編集者、Webライター、インタビューライターのそれぞれについて、企業に採用される方法やフリーランスとして独立する方法を紹介しました。

ライターの種類によって違いも多いですが、未経験で正社員を募集する企業が少ないという点はどの種類であっても共通です。ライター業界では、実績が重視されると言えるでしょう。

おさらいとして、実績を積む方法をまとめると、以下の5点となります。

  • 正社員の募集がない場合は、アルバイトやアシスタントから始める
  • 文章作成能力などをアピールできる資格をとっておく
  • ライティングに関する講座を受講する
  • クラウドソーシングサイトで実際に案件を受注する
  • 自身でブログを運営する

新卒で入社するルートがあまりない職種なので、なるまでが大変ですが、ライターとして認められたときの嬉しさも大きいはずです。まずはコツコツと実績を積みながら、ライティングスキルを磨きましょう。

こちらの記事もおすすめ

フリーランスWebライターの実態を大暴露フリーランスWebライターの実態を大暴露【収入・年収・評判まで】 フリーランスとして独立するために やるべき4つのこと!準備できてる?フリーランスとして独立するためにやるべき4つのことと仕事を探す方法も解説 フリーランス始め方5分でわかるフリーランスの始め方!なる前に確認すべきポイントも紹介