バックエンドエンジニアに必要な言語7選!フレームワークやライブラリ、必須スキルも紹介

バックエンドエンジニアに必要な言語は?

現在、プログラミング言語がどれだけあるか知っていますか?調べてみると、ある程度の使用度がある言語でも200種類以上も存在するんです。

また、学習するのにおすすめの言語と調べてみてもエンジニアごとに20種類近くの関連する言語が出てくるんですね。あまりにも言語の種類が多くては、どの言語から学べばいいのか迷ってしまいます。

バックエンドエンジニアの言語について知りたい方の中には、

「バックエンドエンジニアに必要な言語って?」
「実際、何から勉強したらいいのか分かんないよ…。」
「フレームワークやライブラリも、種類多すぎない?」

など思った経験はありませんか?

もちろん、主流と言われている言語を学ぶのも1つの方法です。ただ、実際に学習した後で活躍する機会がなかった…。なんて思いはしたくないですよね。

そこで今回は、バックエンドエンジニアに必要な言語について解説していきます。また、言語に加えて必要なフレームワークやライブラリについても紹介していきますね。

バックエンドエンジニアに必要な言語やフレームワーク・ライブラリについて知りたい方は、本記事を参考にしてください。

まずはバックエンドエンジニアについて知ろう

いきなり言語について知る前に、バックエンドエンジニアとはどんな仕事か知っておきましょう。仕事への知識や理解が浅はかでは、実際の現場で通用するエンジニアにはなれないですからね。

ここではバックエンドエンジニアについてそれぞれ、

  • バックエンドエンジニアの仕事内容
  • バックエンドエンジニアの平均年収
  • バックエンドエンジニアの将来性

3点紹介していきます。また、バックエンドエンジニアについて網羅的に理解したい方は、以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

→Coming Soon……

バックエンドエンジニアの仕事内容

バックエンドエンジニアはエンジニア職種の中でも、Webエンジニアの部類に属します。そもそもWebエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーションと言ったWebコンテンツの制作に関わるエンジニアを指します。

バックエンドという名前の通り、バックエンドエンジニアは目に見えない部分を作るお仕事なんです。だからこそ、仕事の全容が見えにくくもあるんですね。

特にバックエンドエンジニアが担う主要な仕事としては、

  • サーバー構築
  • データベース管理
  • システム運用・システム開発

の3つが挙げられます。

上記の3つのスキルは、バックエンドエンジニアの中でも重要なものなんです。本記事の活躍するバックエンドエンジニアに必要な3つのスキルでも詳しく解説するので、参考にしてくみてくださいね。

バックエンドエンジニアの平均年収

ずばり、バックエンドエンジニアの平均年収は約500万円前後(2021年5月時点)です。IT業界のエンジニアの平均年収も約500万円と、ITエンジニアの中でも平均に位置しているんですね。

ただ、バックエンドエンジニアの年収には実務経験やスキルが大きく影響するんですね。スキルによって収入が左右されるのは、他のエンジニア職種も同様です。

年収が500万円前後というのも、あくまで平均です。企業によってはバックエンドエンジニアに800万円以上の年収を提示しているところもあるんですよ。

一般的に、実務経験が伴う30代や40代以降のバックエンドエンジニアの年収が高くなる傾向にあります。しかしWebコンテンツを制作するWeb業界でのバックエンドエンジニアの需要は高まっているので、あなたのスキル次第では年齢に関係なく高い年収を狙うこともできますよ。

バックエンドエンジニアの年収についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてみてください。

バックエンドエンジニアの年収は?他のエンジニアとの比較も紹介バックエンドエンジニアの平均年収は?他のエンジニアとの比較や年収を上げる方法も合わせて紹介

バックエンドエンジニアの将来性

結論から言うと、バックエンドエンジニアは将来性のあるお仕事です。ただ、どのように将来性があるのか具体的に分からなければ不安に思ってしまいますよね。

バックエンドエンジニアの需要が高まる傾向にある理由として、

  • Webコンテンツが増え続けている
  • Web開発においてバックエンドは必要不可欠

などの理由が挙げられます。

Webコンテンツの制作は、ユーザーの目に触れる部分であるフロントエンドと見えないバックエンドの両方で成り立っています。どんなに華やかなデザインをフロントエンド側で作ったとしても、バックエンドのシステムなしにコンテンツは動作しないんですね。

また、Webコンテンツの開発だけでなく修正・維持する役割もバックエンドエンジニアは担っています。だからこそ、バックエンドエンジニアの需要は高まっているんですね。

さらにバックエンドエンジニアの将来性について詳しく知りたいという方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

→Coming Soon……

バックエンドエンジニアに必要な言語7選

プログラミング言語にはそれぞれ名前が付いていて言語自体が1つの種類になっていますよね。加えて、プログラミング言語は役割や属性が似ているものを一括りにして、種類分けされているんです。

ここで紹介するバックエンドエンジニアに必要な言語の多くは、スクリプト言語です。そもそもスクリプト言語とは、習得を簡単にした言語で一部のコードの記述を省略しているんですね。

PHPなどのスクリプト言語はコーディングの作業コストを下げたり、小規模開発に向いているといった特徴があります。中でも、バックエンドエンジニアに特に必要な言語を紹介していきますね。

バックエンドエンジニアに必要な言語として、

  • PHP
  • Python
  • Ruby
  • Java
  • JavaScript
  • C++
  • GO

など上記7つの言語が挙げられます。それぞれ詳しく解説していきますね。

また、バックエンドエンジニアはもちろんフリーランスエンジニアの方にもおすすめな稼げる言語について以下の記事で紹介しています。こちらも参考にしてみてくださいね。

【2021年最新】フリーランスエンジニアの稼げる言語5選!メリット・デメリットも紹介

PHP

PHPは初心者にも学びやすく、多くのWebコンテンツに使用されている主要なバックエンド言語の1つです。PHPの仕様として、HTMLに埋め込んで使用していきます。

また、PHPは先ほど紹介したスクリプト言語の1つです。だからこそコードの記述や実行が簡易的になっていて学習しやすい言語なんですね。

主にWebサイトの制作で使用されるPHPは、WordPressなどの主要なCMSにも使われています。CMSはコンテンツマネジメントシステムの略で、詳しい知識がない人でもWebサイトの制作や更新が行えるんです。

もし学ぶ言語に迷ったら、まずはPHPから学んでいくのがおすすめですよ。

Python

PythonもPHPと同様に、経験が浅い方も安心して学べる言語の1つです。バックエンド言語の中でも、人気の高い言語の1つなんですよ。

言語の特徴として、

  • コード行数が少ない
  • 理解しやすいソースコードが書ける

などが挙げられます。

PythonはWebサイト構築はもちろん、ディープラーニングなどのさまざまなWebサービスの作成に使用されているんです。また、 AIや機械学習の領域などで活躍する言語でもあります。

Ruby

Rubyは日本で開発された言語の1つで、オブジェクト指向のスクリプト言語になります。オブジェクト指向とは、プログラミングを手順よりもモノの作成・操作として捉える考え方のことなんですね。

初心者にも比較的習得しやすい言語であるRubyの特徴は、プログラミング言語特有の記号が少ないこと。コードを書く人が、楽しくプログラミングできるような設計になっているんですね。

今では、Rubyは主にブログやショッピングサイトの作成に使用されています。その他にもポータルサイトの制作やチャットボット、スマホのアプリやゲーム制作に使われる場合もあります。

Java

世界的にも幅広く使用される言語の1つがJavaです。活躍の幅はバックエンドエンジニアに限らず、習得したい!という人が多いプログラミング言語なんですね。

OSに依存しないJavaは、どんな状況でも安定した動作環境を確保することができるのが特徴です。あらゆる環境で使用できるJavaだからこそ、世界的な需要を生んでいるんですね。

Javaは特にWebアプリやスマホアプリの開発に加えて、業務システム開発などで使用されています。あらゆるITエンジニアのキャリアパスにつながる言語なので、早い段階で習得しておくといいですよ。

JavaScript

JavaScriptもまた、バックエンドエンジニアに必要な言語の1つです。バックエンドと対となるフロントエンドでも、需要の高い言語でもあるんです。

JavaScriptはブラウザ上で動的な表現を可能にする言語で、今では多くのウェブサイトで利用されています。Web業界に関わるエンジニアであれば、習得必須の言語なんです。

2010年以前では、JavaScriptはバックエンドで使われることが少ない言語でした。今では、技術の発達に伴いあらゆるシステム上でJavaScriptによってプログラムが記述されています。

エンジニアの作業効率を高めるフレームワークの中でも、開発効率や保守性を大幅に高めるフレームワークがJavaScriptには揃っているのも特徴です。バックエンドエンジニアとして活躍していくためにも、必ず習得しておきましょう。

C++

バックエンドエンジニアに必要な言語の中でも、C++は独学では習得が難しいと言われる言語です。C++は、C言語の機能を拡張したプログラミング言語になります。

C++の機能としては、C言語同様にハードウェアを直接操作することやモバイルアプリ制作が可能になります。処理速度が速いというメリットに対して、他の言語に比べてC++は扱うのが難しいんですね。

高度な言語であるC++が使用されるのは、PCソフトや業務システム、家電やゲーム機を制御するソフトウェアなど多岐に及びます。バックエンドエンジニアとしてC++を扱うことができれば、活躍できる市場や幅も広がりますよ。

Go

比較的新しい言語の中でも、注目を集めているのがGo言語なんです。Goは、大手企業であるGoogleが開発した言語なんですね。

Go言語は主に、Webサービスの開発やスマホアプリの開発などに使われます。意外な使われ方としては、ドローン開発にも用いられているんですね。

他の言語に比べてコードの記述しやすさを実現するために、Go言語は機能を最小限に抑えているという特徴があります。状況や場面によっては活躍の幅が限定される言語でもあるんですね。

Goは最近の言語の中では特に注目を集めている言語の1つ。新しい知識や技術の流行に乗っていきたいという人にはおすすめの言語です。

バックエンドエンジニアの効率を高めるフレームワーク・ライブラリ7選

1からコンテンツを作成していく手間を解消するフレームワークやライブラリは、エンジニアにとって欠かせないツールです。状況に合わせて使いこなすことができれば、仕事の効率を飛躍的に高めることができるんです。

また、フレームワークとライブラリはエンジニアの作業効率を高めてくれるツールですがそれぞれ役割が多少異なります。

フレームワークは、アプリ開発の際に使う仕組みが揃っているテンプレートのようなもの。アプリ開発へのコスト削減はもちろん、開発する人によって質が大きく左右されないというメリットがあります。

ライブラリは、開発によく使うツールをまとめた道具箱のようなものです。ライブラリは毎回1からコードを打つ手間や、動作確認の工程を省いてくれます。

言語に加えて、フレームワークやライブラリを駆使できるかどうかはバックエンドエンジニアにとって大切なポイントになります。バックエンドエンジニアの効率を高めるフレームワーク・ライブラリとしては、

  • Git/Github
  • Django
  • Expess
  • Ruby on Rails
  • Flask
  • Laravel
  • CakePHP

などが挙げられます。それぞれ詳しく解説していきますね。

また、特にJavaScriptのフレームワークについて知りたい!という方には以下の記事でも詳しく解説していますので参考にしてみてください。

JavaScriptフレームワーク 10選はこれ!今更聞けない!JavaScriptフレームワークとは?メリットやデメリット、おすすめ10選も

Git/Github

そもそもGitとは、分散型のバージョン管理システムを意味するものです。Gitを使うことで、コードを記述・変更した履歴を管理することができます。

また、Githubはソースコードの管理サービスになります。Githubを使うことで、プログラミングコードやデザインデータの保存や公開が可能になんですね。

特にGithubはバックエンドエンジニアに必要なフレームワークの中でも、世界中の人が利用できることで多くの場面で活躍しています。複数人のエンジニアで作業をすることがあるバックエンドエンジニアには重要度の高いツールになります。

Django

Pythonで作られたWebアプリケーションのフレームワークが、Djangoです。さまざまな機能を備えていることで、シンプルなWebアプリであれば簡単に作成可能なんですね。

活躍する場面としては、SNSやニュースサイトに加えてCMSなどのWebコンテンツを少ないコードで作ることができます。特にWebサイト制作における作業の効率性を高めてくれます。

Djangoは無償で使用できることに加えて、インターネット上で学習方法も紹介されています。どのフレームワークやライブラリから学んでいこうか迷ったら、Djangoから学習していくのがおすすめですよ。

Expess

Expressとは、Node.jsで使われるフレームワークの1つになります。そもそもNode.jsとはサーバサイドのJavaScriptのことを指しています。

同じ言語を扱うエンジニアの中でも、表示される言語の形が違うのは効率を下げてしまう要因の1つなんですね。Expressを使うことで、サーバー側とクライアント側を同じ言語で表記でき効率化を図ることができます。

特にユーザー数や利用実績が多いことで、日本語リソースが充実しているのもExpressの特徴です。複雑なシステムの拡張やサーバー制御を、少ないコードの記述でも可能にしてくれます。

Ruby on Rails

Ruby on Railsと名前にもあるように、Rubyを用いたWebアプリのフレームワークの1つになります。Webサービスの開発において、Webアプリのフレームワークは開発の効率を大幅に高めてくれます。

使用する際にはRubyに関する知識はもちろん、HTMLの知見や技術も必要になります。Rubyを習得できているエンジニアの方であれば、問題なく使うことができるでしょう。

バックエンドエンジニアはWebサービスに関する案件にも多く携わります。だからこそRuby on Railsは習得しておきたいフレームワークの1つです。

Flask

Djangoと同様に、PythonでWebアプリケーションを作るためのフレームワークの1つがFlaskです。Flaskの特徴として、

  • フレームワーク自体が軽量
  • カスタマイズ性が高い

などが挙げられます。

また、バックエンドエンジニアに必要なフレームワーク・ライブラリの中でもFlaskは比較的容易に学習することができます。なぜなら、Flaskに搭載できる機能が限られているからなんですね。

Pythonを習得できているのであれば、Djangoと合わせてFlaskも学習していきましょう。活躍する場面が違うフレームワーク・ライブラリを数多く習得できれば、バックエンドエンジニアとしての活躍の幅も広がっていきます。

Laravel

Laravelは、PHPのフレームワークの中でもフルスタックフレームワークと言われるものになります。フルスタックフレームワークは、Web開発に必要な機能を網羅的に搭載しているんですね。

コードが記述しやすく学習のコストも抑えられるLaravelは、2011年に開発されて以降あらゆるWeb開発の場面で活躍しています。

Laravelは機能性からも需要が高いフレームワークの1つです。PHPのフレームワークの中では、優先的に学習していくのもおすすめですよ。

CakePHP

Laravel同様、CakePHPもまたPHPで使用されるフレームワークの1種です。CakePHPを使えば、簡単にプログラムを作成することができるんですよ。

特にCakePHPには、WebページやWebアプリケーションを簡易的に作るための機能が搭載されているんですね。CakePHPもまた、バックエンドエンジニアの作業効率を大幅に高めてくれるフレームワークの1つです。

また、CakePHPは動作環境やサーバー設定のコストが低いことで現場では重宝されています。現場に導入しやすいからこそ、需要の高いフレームワークとなっているんですね。

活躍するバックエンドエンジニアに必要な3つのスキル

上記でも紹介しましたが、バックエンドエンジニアはWeb開発の中でも、

  • サーバー構築
  • データベース管理
  • システム運用・システム開発

上記の3つを主に担っています。これまで紹介した言語やフレームワーク・ライブラリを駆使することで、質の高い仕事をすることができるんですね。

サーバー構築にはWebサーバーに関する知識やネットワーク環境の構築スキルが求められます。またデータベース管理にはデータベースソフトの知識が、システム運用・開発にはPHPを始め多くの言語やフレームワークに関する知見が必要なんですね。

ただ、どの仕事内容にも基礎となるのは言語の知識です。また、フレームワークを扱えなければ作業に大幅な時間を割くことになってしまいます。

だからこそ、まずはバックエンドエンジニアに必要な言語の知識を深めておきましょう。フレームワークもまた同様です。

また、バックエンドエンジニアに必要なスキルについては以下の記事でも詳しく解説しています。スキルに関してさらに知りたいという方は参考にしてくださいね。

→Coming Soon……

バックエンドエンジニアを目指す上での注意点

これまで、バックエンドエンジニアに必要な言語やフレームワークについて紹介してきました。ただ、言語を学習してバックエンドエンジニアを目指す際には注意点もあるんですね。

バックエンドエンジニアを目指す上での注意点として、

常に新しい知識や技術をキャッチアップする必要がある
フロントエンド領域についても知識が必要
プロジェクトの企画から関わるからこそソフトスキルも大切

などが挙げられます。

上記の注意点を踏まえて学習を進めることで、バックエンドエンジニアになれる可能性を高めることにもつながるので参考にしてみてください。それではさっそく、それぞれ紹介していきますね。

常に新しい知識や技術をキャッチアップする必要がある

Web開発に関わるバックエンドエンジニアは、もちろんWeb業界に関わることになります。IT業界全体の中でも、Web業界は特に新しい知識や技術の変化が激しい市場なんですね。

だからこそバックエンドエンジニアとして活躍していくためには、新しい知識や技術を常にキャッチアップする必要があるんですね。バックエンドエンジニアになるにはもちろん、なった後でもキャリアップに必要不可欠なポイントになります。

なのであなたが学習する際には、自己学習の時間や情報源を確保するなど工夫をしていくのがおすすめです。学習を習慣化できれば、さらに多くの知識やスキル獲得につながりますよ。

フロントエンド領域についても知識が必要

バックエンドエンジニアはさまざまエンジニア職種との関わりも多いんですね。中でも、フロントエンドエンジニアとは特に深く関わるんですね。

Webコンテンツの制作には、バックエンドとフロントエンドの両方が必要です。同じ職場や現場の中でも、両側面に知見があるかどうかはコンテンツの質に関わってくるんですね。

また、バックエンドで用いる知識や技術がフロントエンドでも活用できキャリアパスにつながることもあります。フロントエンドからバックエンドもまた同様です。

バックエンドについて学ぶ中で、フロントエンドに共通する点や活用できることがないかチェックしておきましょう。フロントエンドへ精通していることで、現場で特に必要とされるエンジニアになれる可能性もありますよ。

プロジェクトの企画から関わるからこそソフトスキルも大切

バックエンドエンジニアの中には、キャリアアップを経てプロジェクトの企画やコンテンツ制作の設計に深く関わる方もいます。先ほども紹介しましたが、バックエンドエンジニアはさまざま職種のエンジニアとも関わりが多いお仕事。

複数人で仕事を進めたりあなたが企画を先導していく際には、ソフトスキルが大切になります。そもそもソフトスキルとは、コミュニケーションスキルなどの人間性に焦点をあてたスキルを指します。

ソフトスキルを高めていくことで、あなたの収入やキャリアアップにつながることもあります。バックエンドエンジニアを目指す上では、ソフトスキルの獲得も意識しながら学習していきましょう。

まとめ

今回は、バックエンドエンジニアに必要な言語について紹介しました。言語はもちろん、バックエンドエンジニアに必要なフレームワークやライブラリも多く存在します。

加えて、知識や技術のトレンドが大きく変化するWeb業界で活躍するのがバックエンドエンジニアです。自己学習や情報のキャッチアップなど、要求されるものも多いお仕事なんですね。

だからこそバックエンドエンジニアの需要は高く、将来性もある仕事です。バックエンドエンジニアの言語について学ぶことは、安定したキャリアの獲得につながっています。

バックエンドエンジニアの言語について知りたい方や、目指そうか迷っている方は本記事を参考にしてください。

こちらの記事もおすすめ

最大2000万!?フリーランスエンジニアの平均年収を職種別に紹介 稼げる?フロントエンドエンジニアの平均年収は?稼げる?フロントエンドエンジニアの平均年収と収入を上げていく方法、将来性などを紹介 フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いを解説!収入やそれぞれの仕事の特徴も紹介