【2021年最新】フリーランスデザイナーおすすめマッチングサービス10選

フリーランスデザイナーおすすめマッチングサービス10選

「フリーランスデザイナーのおすすめマッチングサービスを知りたい!」
「フリーランスデザイナーがマッチングサービスで案件獲得するポイントは?」
「フリーランスデザイナーがマッチングサービスを使う時の注意点は?」

あなたはこのような悩みを抱えていませんか?

フリーランスデザイナーとして駆け出しの頃は案件を獲得するのが難しく不安が募るばかりですよね。案件獲得のために、マッチングサービスを利用しようと思ってもさまざまなサービスが多く何を利用すればいいのか困惑してしまうはず。

そこで今回は、フリーランスデザイナーおすすめのマッチングサービス10選やマッチングサービスで案件獲得するポイントから注意点などを紹介していきます。

お仕事の受注に悩まされているフリーランスデザイナーの方や、これからフリーランスデザイナーとして独立を考えられている方はぜひ参考にしてください。

この記事を読み終えたら、案件を獲得するサイトが見つかるだけでなく、今後フリーランスとして活動する際の注意点やスキルについても理解できますよ。

それでは参ります。

フリーランスデザイナーおすすめマッチングサービス5選【クラウドソーシング】

まずは、フリーランスデザイナーにおすすめのクラウドソーシングを紹介していきます。
フリーランスデザイナーにおすすめのクラウドソーシング以下の5つ。

  • Lancers(ランサーズ)
  • CrowdWorks(クラウドワークス)
  • SOKUDAN(ソクダン)
  • Craudia(クラウディア)
  • ココナラ

それぞれについて解説していきますね。

注意
案件件数は、2021年5月12日現在の数字を記載しています。

Lancers(ランサーズ)

ランサーズ
出典元:ランサーズ(https://www.lancers.jp/)

Lancers(ランサーズ)は日本最大級のクラウドソーシングサービス。「デザイン制作」のカテゴリーで検索すると728件の案件がヒットしました。

ランサーズは簡単な作業の仕事から1ヶ月以上の大きな案件まで幅広く用意されており、自分のライフスタイルに合わせて仕事を受注することが可能です。また、仮払い制度がある為、報酬を持ち逃げされるリスクもなく安心して仕事を受注できます。

比較的単価は低めですが、フリーランスデザイナーとして実績や経験を積みたい方におすすめなマッチングサービスです。

CrowdWorks(クラウドワークス)

出典元:クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)

CrowdWorks(クラウドワークス)は国内最大級のユーザー数を誇るクラウドソーシングサービス。「デザイン」のカテゴリーで検索すると619件の案件がヒットしました。

ランサーズ同様に仮払い制度がある為安心して仕事を受注できるのはもちろん、クラウドワークスでは「CWコンシェルジュ」というサービスも提供しています。発注内容を専属コンシェルジュがヒアリングし募集文面を作成してくれるので、初めて発注する人も安心して仕事を受注できますよね。

クラウドワークスでは、評価制度がり評価が高くなるほど仕事を発注しやすくなる為、評価を高めて継続案件を手に入れたい方におすすめなマッチングサービスです。

SOKUDAN(ソクダン)

SOKUDAN(ソクダン)
出典元:SOKUDAN(https://sokudan.work/)

SOKUDAN(ソクダン)は発注者と直接やり取りできる業務委託形式のクラウドソーシングサービス。「デザイナー」のカテゴリーで検索すると76件の案件がヒットしました。

仲介を通さず直接やり取りし仕事を受注できる為、仲介手数料がかからずミスマッチを防げます。ソクダンでは92%がリモート案件なので働く場所にしばられない自由な働き方が可能。

スムーズに仕事をしたい方や、仲介手数料をとられず報酬をもらいたい方におすすめなマッチングサービスです。

Craudia(クラウディア)

Craudia(クラウディア)
出典元:Craudia(https://www.craudia.com/)

Craudia(クラウディア)は業界最低水準の手数料最低3%で仕事を受注できるクラウドソーシングサービス。「デザイン制作」のカテゴリーで検索すると112件の案件がヒットしました。

クラウディアにも仮払い制度がある為、報酬を持ち逃げされるリスクもなく安心して仕事を受注できます。専門的な案件から軽作業など、用途に合わせて多種多様な案件が受注できるので、スキルが伴ってない人でも案件が受注しやすいです。

スキルを伸ばしていきたい駆け出しのフリーランスデザイナーにおすすめめなマッチングサービスです。

ココナラ

ココナラ
出典元:ココナラ(https://coconala.com/)

ココナラは自分のスキルを商品として出品し、スキルを必要とする人がコンタクトをとるクラウドソーシングサービス。「デザイン」のカテゴリーで検索すると25,012件のスキルが出品されています。

ココナラの場合は、自分のスキルを出品するだけなので自分で営業する必要がありません。出品したスキルを必要とする人がいれば自動的にマッチするので、営業に苦手意識を持っている人にとって最適なサービスです。

自分でスキルの値段やサービス内容を設定できるので、実績の少ない駆け出しフリーランスデザイナーにおすすめめなマッチングサービスです。

フリーランスデザイナーおすすめマッチングサービス5選【エージェントサービス】

クラウドソーシングサービスの次は、フリーランスデザイナーおすすのエージェントサービス5選を紹介していきます。クラウドソーシングサービスに比べて高単価な案件を受注できるのがエージェントサービス。

フリーランスデザイナーおすすめのエージェントサービスは以下の5つ。

  • フリーランスのミカタ
  • クラウドテック
  • Workship(ワークシップ)
  • DYMテックテック
  • PE-BANK(ピーイーバンク)

それぞれについて解説していきますね。

フリーランスのミカタ

フリーランスのミカタ
フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

フリーランスのミカタは日本最大級のWebクリエイターに特化したエージェントサービスです。「デザイナー」のカテゴリーで検索すると非公開求人含め413件の案件がヒットし報酬単価は月30万円〜70万までの案件を揃えています。

フリーランスのミカタでは、週2〜週5までの働き方で案件を用意しているので自由な働き方で案件を受注することができるんですよ。また、担当コンサルタントが分かれている企業が多い中、フリーランスのミカタでは専任コンサルタントによるトータルサポートを手厚く実施してくれます。

駆け出しのフリーランスデザイナーの方や自由な働き方をしたい方におすすめなマッチングサービスです。

クラウドテック

クラウドテック
出典元:クラウドテック(https://crowdtech.jp/)

クラウドテックはクラウドワークスが運営するフリーランス専門エージェントサービスです。「デザイン」のカテゴリーで検索すると86件の案件がヒットし報酬単価は月14
万円〜110万までの案件を揃えています。

業界最大級を誇る70%以上がリモートワーク案件の求人を揃え、登録企業者数も14万社と他のサービスと比べスタートアップから大手企業まで幅広く多いのが特徴。専任のフリーランスキャリアアドバイザーのサポートの元、面談から最速3日で参画を開始できます。

リモートワークで働きたい方や、幅広い企業から案件獲得したいフリーランスデザイナーの方におすすめなマッチングサービスです。

Workship(ワークシップ)

workship
出典元:workship(https://goworkship.com/)

Workship(ワークシップ)はフリーランスのデザイナー、エンジニア、ディレクター向けのエージェントサービスです。「デザイナー」のカテゴリーで検索すると150件の案件がヒットし最高報酬単価は月90万の案件を揃えています。

リモート案件を豊富に揃え週1〜週3で柔軟に働くことができ、副業案件探しとして仕事を受注することができます。また、案件成約時には1万円のお祝い金を貰えるほか、報酬の先払いをすることもできる為、生活面でのサポート体制や保証も手厚いですよ。

企業に直接アプローチもできるので、実務経験が豊富で副業として案件を受注したいフリーランスデザイナーの方におすすめなマッチングサービスです。

DYMテック

DYMテック
出典元:DYMテック(https://dym-tech.jp/)

DYMテックはWebデザイナー、エンジニア向けに特化したエージェントサービスです。最高報酬単価は月120万の案件を揃えています。

DYMテックでは、上場企業から中小企業など2500社以上の企業との取引があり、取引している経営者からの直請け案件が9割。その為、単価交渉も可能で高単価な案件を豊富に受注でき最短3日で案件を獲得することができるんですよ。

業務委託だけでなく、派遣や正社員の求人も取り扱っている為、ライフスタイルの変化に応じて案件を受注したいフリーランスデザイナーにおすすめなマッチングサービスです。

PE-BANK(ピーイーバンク)

PE_BANK
出典元:PE_BANK(https://pe-bank.co.jp/)

出典元:https://pe-bank.jp/

PE-BANK(ピーイーバンク)は最も老舗のフリーランス専門エージェントサービスです。デザイナー案件で最高報酬単価は月80万の案件を揃えています。

取引企業数は1000社以上あり、常時50,000件超えの案件数を保有。日本全国に案件を抱えており他のエージェントと比べても関東圏以外の地域の案件数は圧倒的です。

また、マージンの公開をしないエージェントが多い中でピーイーバンクは公開しており透明性の高さから評判が良いのが特徴。参画時は12%のマージンが、報酬受取25回以上で8%になるなどマージンルールが明確でわかりやすいですよ。

関東圏以外の地域や地方在住で案件獲得したいフリーランスデザイナーの方におすすめなマッチングサービスです。

マッチングサービスで案件を獲得する為のポイント

ここまで読み進めてくれたあなたは、「マッチングサービスってどうすれば案件獲得しやすいの?」と疑問に思った方もいるはず。

サービスはわかってもどうやって案件を獲得したらいいのかってわからないですよね。あるあるなのは登録したけど仕事が獲得できないケース。

いつまでも案件が獲得できないと不安でしょう。

そこで、マッチングサービスで案件を獲得する為のポイントを紹介していきますね。マッチングサービスで案件を獲得する為には3つのポイントがあります。

  • ポイント1:ポートフォリオサイトを作成する
  • ポイント2:最初から高単価を目指さない
  • ポイント3:募集文面にそってアピールする

それぞれについて解説していきますね。

ポイント1:ポートフォリオサイトを作成する

フリーランスとして活動する上でポートフォリオは必須といえます。

クライアントと商談をするときや面談を行うときに毎回聞かれるのが、「過去にどんなもの作りました?」「今までどんな成果をあげたんですか?」です。クライアントも仕事を依頼するのであれば聞くのは当然ですよね。

ポートフォリオは過去のあなたの実績を掲載するもの。そのポートフォリオを見ればあなたが何を得意としているのか、ひと目見てわかれば案件獲得がスムーズですよね。

ましてやエージェントサービスに登録したのであれば、エージェントにポートフォリオを持っておいてもらえればその人が企業側に依頼してくれます。

つまりあなたは何もしなくても常にポートフォリオが営業してくれているってことなんですね。自動の営業代理店を作ったみたいな感じですね。

なので、フリーランスデザイナーとして活動していくのでれば、実績を掲載するポートフォリオ作成に取り掛かりましょう。

しかし注意点も必要です。実績を掲載する場合、前職の会社や以前の取引先に事例掲載許可を取っておくようにしてください。もし無断で実績掲載をしていてバレてしまうと、あとあとトラブルに発展することもあります。

ポイント2:最初から高単価を目指さない

マッチングサービスで案件を獲得するには、最初から高単価を目指さないのがおすすめです。理由は至ってシンプルで、競争率が高いからですね。

駆け出しのフリーランスデザイナーは、稼ぐモチベーションも高く高単価案件を狙いがちですが、実績やスキルが少ない状態では高い競争率で負けてしまいます。高単価案件ばかり狙っていると、案件を獲得できない期間が長く続き不安を抱えてしまうでしょう。

実績やスキルが少ないうちは、低単価の案件を確実に獲得していき、実績やスキルを積み重ねるがいいですね。低単価の案件で実績やスキルを積み重ねることで、信用が増し単価報酬を引き上げてもらえます。

単価は後から追いかけてまずは信頼関係や実績、スキルを身につけていくのがおすすめということですね。

ポイント3:募集文面にそってアピールする

当たり前のことですが、募集文面にそってアピールしましょう。クライアントのニーズにマッチした文章でアピールしなければ案件は獲得できませんよね?

的はずれな文章でアピールすることがないように、クライアントが開示している募集文面をよく読みましょう。クライアントが求める人材やスキルを理解することで、あなたが何をアピールするべきなのか理解できますよね。

クライアントの印象に残るよう、クライアントの求めるスキルや実績をアピールすることを心がけると効果的です。また、募集内容には応募の際に記載しなければいけない項目が書かれている場合もあるので、書き忘れがないように気をつけましょう。

マッチングサービスを利用する際の注意点

マッチングサービスを利用する際には、気をつけなければいけない注意点もあります。これからマッチングサービスを利用する、フリーランスデザイナーの方が安心して利用できるよう注意点も紹介していきますね。

マッチングサービスを利用する際の注意点は3つあります。

  • 注意点1:継続案件になりにくい
  • 注意点2:案件単価が適正か調べる
  • 注意点3:クライアントを見極める

それぞれについて解説していきますね。

注意点1:継続案件になりにくい

マッチングサービスでは、長期的な仕事が少なく継続案件になりにくいです。そのため、収入を安定させるのに時間がかかってしまう可能性もあります。

もちろん、スキルや実績があるデザイナーの方なら継続案件になりやすいですが、実績やスキルが少ないフリーランスデザイナーにとっては厳しい環境かもしれません。選考段階で弾かれてしまったり、単発案件で終わってしまうことも多くあります。

マッチングサービスはスキルや実績を持ったデザイナーが活躍する環境だからこそ、地道にスキルや実績を磨き続け継続案件を獲得する為の努力をしましょう。

注意点2:案件単価が適正か調べる

仕事を依頼する側もできる限り予算を抑えたいというのが本音。特に、クラウドソーシングでは単価を抑えて発注したいクライアントが多く単価が低い傾向にあります。

実績やスキルが少ない状態で低単価案件を受注して実績やスキルを積み重ねることは大切ですが、極端に安い単価で受注してしまうことはおすすめしません。安すぎる単価で仕事を受注してしまえば、収入も伸びづらく採算が合わなくなってしまいます。

また、単価が安すぎることで仕事へのモチベーションが保てず中途半端な成果物を納品してクライアントからの評価を下げてしまう可能性もあります。仕事のクオリティーを担保する為にも、事前にあなたの適性時給や単価、単価相場を調べて提示された報酬と見合う案件を受注するようにしましょう。

注意点3:クライアントを見極める

お仕事の依頼をするクライアントの中には悪質なクライアントもいます。悪質なクライアントとは、指示が不明確だったり、連絡が遅くコミュニケーションが取りづらいクライアントです。

マッチングサービスでは面識がない人とお仕事をするため、チャット上のやり取りになることが多く円滑にコミュニケーションが進まない場合もあります。そんな中、悪質なクライアントと取引をすると後々報酬が支払われないトラブルに巻き込まれる可能性も高いです。

トラブルを避け、安心して仕事に取り組めるようチャットのみのやり取りだけではなく、オンライン面談なども依頼して取引するべきクライアントか見極めるようにしましょう。

フリーランスデザイナーが高単価な案件獲得する為に必要なスキル

ここまで解説を見てきた方の中には、「スキルや実績を積み重ねることが大切ってことはわかったけど、具体的にどんなスキルを身につければいいの?」と疑問に思った方もいるはず。

そこで、フリーランスデザイナーが高単価な案件獲得する為に必要なスキルを紹介しますね。フリーランスデザイナーが高単価な案件獲得する為に必要なスキルは3つあります。

  1. コミュニケーション能力
  2. 専門的スキルを身につける
  3. 業界・業務の専門的な知識を身につける

それぞれについて解説していきますね。

1.コミュニケーション能力

フリーランスデザイナーが高単価案件を獲得するにはコミュニケーション能力は非常に重要です。なぜなら、フリーランスになると会社員時代と違い自分で営業、交渉して案件獲得する必要があるからです。

裏方の作業のイメージが多いデザイナーですが、クラアンがイメージするデザインを制作する為にはクライアントとの打ち合わせは欠かせません。クライアントのイメージや要望を引き出すコミュニケーションが取れなければ、完成後のイメージが違いトラブルにつながる可能性もあります。

ツールを使いこなせるだけのフリーランスデザイナーでは、クライアントが納得する制作物を作るのは難しいです。クライアントのイメージやしたいことをヒアリングして納得いくデザイン作成、納品、改善の提案までできるコミュニケーション能力を身につけることで信頼関係を築き高単価案件を獲得していきましょう。

2.専門的スキルを身につける

業務ができる人間に対して特定のお仕事を依頼するフリーランスだからこそ、専門的なスキルを身につけることは必須です。できる幅が広がれば必然的に単価も上がりますよね。

PhotoshopやIllustratorなどのデザインスキルを使いこなせるのはもちろん、HTMLやCSS、開発スキルを身につけることでデザイナーとしての仕事の幅が広がります。コーディングスキルがあればWebデザインの制作からサイト設計の領域までできるようになり、単価を引き上げることも可能です。

また、案件によっては使用するツールが変わる可能性もあるため、PhotoshopやIllustrator以外のデザインツールも使いこなせるようにしておくと希少価値も高くなり高単価案件を獲得しやすくなりますよ。

3.業界・業務以外の専門的な知識を身につける

業界・業務以外の専門的な知識を身につけることで高単価な案件を獲得しやすくなります。中でも、SEOやマーケティングに対する知見があると重宝されやすいです。

高クオリティーのデザインを制作したところで、お客様の抱える問題や課題を解決できなければ意味がありません。お客様の抱える問題や課題を解決するために、SEOやマーケティングに対する知見が必要になってきます。

SEOやマーケティングに対する知見があれば、お客様の抱える問題や課題を踏まえて検索上位に表示されるデザインを制作し、Webサイトのアクセス数を上げるデザイン設計ができます。上記のような問題解決目線を持ったデザイナーになることで、クライアントの満足度も上がり高単価な案件を獲得できるようになりますよ。

まとめ

今回はフリーランスデザイナーおすすめのマッチングサービス10選からマッチングサービスで案件獲得するポイントや注意点などをご紹介させていただきました。

フリーランスデザイナーとしてマッチングサービスで案件を獲得するには、実績やスキルを積み重ねながら新たなスキルを習得し希少価値を高めていくことが必要です。

地道な努力を継続していきクライアントからの信用を勝ち取り、高単価案件を獲得していきましょう。

今回の記事を参考にして、あなたのフリーランス人生の助力になれれば幸いです。