クラウドテックってどんなサービス?メリットやデメリット、口コミ評判も紹介!

クラウドテックってどんなサービス?

フリーランスとして新たな働き方を探している人は、お仕事を紹介してくれるエージェントサービスを探しているのではないでしょうか。

その中で大手サービスであるクラウドテックを見つけたあなたは、

「クラウドテックってどんなサービス?」
「クラウドテックメリットやデメリットを知りたい!」
「クラウドテックの評判は?」
「クラウドテックとクラウドワークスって何が違うの?」

などの疑問を持っていませんか?

クラウドテックはフリーランス専門エージェントのため、登録者に様々な案件を紹介してくれます。登録者には担当のキャリアサポーターが付き、案件の紹介を行ってくるのです。

この記事ではクラウドテックのサービス、メリットやデメリットを項目ごとに紹介していきます。さらに、クラウドテックの口コミや評判も詳しく見ていきましょう。

最後まで記事を読んだ人はクラウドテックのメリットやデメリットを知り、登録しようと前向きな行動ができますよ。クラウドテックについて理解を深めて、上手く活用していきましょう。

目次

クラウドテックとは何か?

クラウドテック
出典元:クラウドテック(https://crowdtech.jp/)

クラウドテックとは、クラウドワークス(クラウドソーシングサービスの業界大手の企業)が運営するフリーランス専門エージェント。2015年からサービスが始まったクラウドテックは登録者に担当のキャリアサポーターが付いて、案件の紹介や相談などを行います。

例えば、登録者が希望する仕事や働き方に合った求人を紹介して欲しい時にキャリアサポーターに相談できます。

在宅での仕事を希望する場合は、キャリアサポーターに伝えておくと条件に合った求人を見つけてきてくれるのです。

クラウドテックでは求人を紹介する前に登録者と面談の機会を設けます。面談で登録者の希望職種や働き方などの詳細な情報を話し合います。

キャリアサポーターは登録者と企業の間に入って、条件に合った登録者と企業をマッチさせるのです。

クラウドテックとクラウドワークスの違いは?

クラウドテックとクラウドワークスの違いは、

  • 仕事の探し方
  • 報酬に差がある
  • サポートの手厚さ

の3つがあります。今後、フリーランスとして仕事を進めていく上でクラウドテックとクラウドワークスの違いを把握しましょう。

クラウドワークスとの違い①仕事の探し方が異なる

クラウドテックとクラウドワークスとの1つ目の違いは、仕事の探し方が異なることです。

クラウドテックは、担当のキャリアサポーターが登録者の条件に合った仕事を探して紹介してくれます。事前に登録者とキャリアサポーターで面談を行っているため、マッチした求人を紹介してくれるのです。

例えば、週4のシフトで在宅勤務を希望する人はキャリアサポーターに条件を伝えておくと、マッチする企業を探してくれます。仮に登録者の希望と完全にマッチしない時には、条件に近い案件を紹介してくれるんですね。

クラウドテックは登録者が自ら仕事を探す必要が無く、効率かつ円滑に物事を進められます。特にフリーランスを始めたばかりの人は手続きで時間を費やすため、クラウドテックを活用すると何もしなくても仕事の紹介をしてくれるので便利です。

一方、クラウドワークスは自らの条件に合った仕事を見つけていかなければいけません。仕事の方法には、タスクやプロジェクトなど案件によって異なります。また、クライアント側からスカウトのメッセージが届くこともあるのです。

クラウドワークスは、様々な仕事を行える点が特徴のひとつ。さらに条件に合った仕事を納得するまで探せるため、自らで仕事量や内容を判断できます。

クラウドワークスはクラウドテックと違い、常に自らが行動しなければ仕事を確保しにくくなるでしょう。

クラウドワークスとの違い②報酬に差がある

クラウドテックとクラウドワークスとの2つ目の違いは、報酬に差があることです。

クラウドテックはキャリアサポーターから紹介された仕事内容によって、月収数十万円を得られます。月収は「職種・勤務形態・仕事内容」などの条件で差が生じるため、常に高収入の仕事があるとは限りません。

例えば、エンジニアの仕事でも「月収10万円」や「月収100万」と条件次第で変わってきます。専門的な職種の方が高収入の仕事を得られる機会が多くなります。また、専門的な知識や技術を持っている人も交渉によっては、良い条件で仕事を行えるでしょう。

一方、クラウドワークスはクラウドテックに比べて、報酬が少なくなっています。なぜなら、クラウドワークスは仕事の単価が低く、短期的な案件が多くなっているからです。

例えば、プロジェクトの仕事を契約した場合、1ヵ月以内に終わることもあります。多くの応募者の中から仕事を勝ち取った人でも、クライアントの判断で案件を失ってしまうのです。

クラウドテックはクラウドワークスに比べて、長期的な案件が多くなっています。安定して仕事を確保したフリーランスは、クラウドテックを検討してみましょう。

クラウドワークスとの違い③サポートの手厚さ

クラウドテックとクラウドワークスとの3つ目の違いは、サポートの手厚さです。クラウドテックはサービスの登録者に担当のキャリアサポーターが付くため、サポートの手厚さが特徴の1つです。

登録者はキャリアサポーターと面談を行い、職種や勤務体系など詳細の条件を話し合いします。また、登録者は仕事の紹介だけではなく、相談にも乗ってもらえます。

例えば、仕事を探している時の不安や悩みがあった場合、1人で抱え込まずにキャリアサポーターが半紙を聞いてくれます。登録者は仕事への悩みや不安を解決しながら、案件を探せられるでしょう。

一方、クラウドワークスはクラウドテックに比べるとサポート体制が整っていません。トラブルが発生した時にメッセージで問い合わせを行えますが、全てをサポートしてくれるとは限りません。クラウドワークスは担当のキャリアサポーターが付かないため、自らが解決する力が必要です。

クラウドテックのメリットは?

クラウドテックのメリットは、

  • 案件数が豊富にある
  • 都市部の求人が多い
  • 月収数十万を稼げる
  • キャリアサポートが充実
  • 生活スタイルに合った働き方を選択
  • 複数の福利厚生サービスを用意
  • 就労不能の保険に加入可能

の7つです。

クラウドテックのメリット①案件数が豊富にある

クラウドテックの1つ目のメリットは、案件数が豊富にあることです。

サービスに登録している企業数が14万社を超えており、官公庁や民間企業(大企業・中小企業など)が利用しているのです。さらに様々な業種の企業が登録しているため、多くの案件があります。

クラウドテックの案件は全体の9割が非公開案件、公開案件を合わせると約4万から5万の案件が常時保有しています。

他のフリーランスエージェントと比べて、サービスを登録している企業が多い分、案件も多く扱われているのです。

クラウドテックのメリット②都市部の求人が多い

クラウドテックの2つ目のメリットは、都市部の求人が多いことです。

営業所が「東京・大阪・福岡」と都市部にあるため、都市部の企業との繋がりが強くなっています。クラウドデックは地方の求人も取り扱っていますが、都市部の求人の方が様々な求人を見つけられるでしょう。

クラウドテックのメリット③月収数十万を稼げる

クラウドテックの3つ目のメリットは、月収数十万を稼げることです。

登録者の希望する職種や経験によって高単価の案件が受注できます。例えば、専門的な知識や技術が必要な仕事な場合は見合った報酬が得られるでしょう。

また、クライアントと長期契約を結べられると、安定した収入が継続して得られます。高単価の報酬の仕事が欲しい人は、自らの知識や技術を高めましょう。

クラウドテックのメリット④キャリアサポートが充実

クラウドテックの4目のメリットは、キャリアサポートが充実していることです。

登録者に担当のキャリアサポーターが付くため、仕事の紹介や相談をしてもらえます。

例えば、週3日間の勤務を希望する場合はキャリアサポーターに伝えることで、条件に合った求人を探してくれます。登録者は自らの条件を伝えておけば、キャリアサポーターが求人を見つけ、紹介してくれるでしょう。

また、クラウドテックは「東京・大阪・福岡」に営業所があり、直接キャリアサポーターに紹介や相談してもらえるのです。登録者は営業所に行く前に予約しておくことをおすすめします。

クラウドテックのメリット⑤生活スタイルに合った働き方を選択

クラウドテックの5つ目のメリットは、生活スタイルに合った働き方を選択できます。

案件には常駐だけではなく、リモートワークに対応している会社もあるのです。また、「常勤とリモートワーク」の両方が組み合わせた働き方もあります。

例えば、リモートワークをメインで働きたい人は、「リモート3日・常駐1日」も交渉次第で行えるでしょう。登録者はキャリアサポーターに自らの生活スタイルを伝えた上で、案件を探してもらうと効率的な仕事探しができます。

クラウドテックのメリット⑥複数の福利厚生サービスを用意

クラウドテックの6つ目のメリットは、複数の福利厚生サービスが用意されていることです。登録者が受けられるサービスの一部を紹介しましょう。

  • 食事やグルメの割引
  • 家事代行サービス
  • 健康診断
  • ヘルスケア
  • ベビーシッターサービス

他にもクラウドテックの登録者が受けられるサービスが存在します。フリーランスは会社員とは違い、福利厚生が乏しくなっています。そのため、様々なサポートを受けられるクラウドテックのサービスは登録者にとって心強い存在ですね。

クラウドテックのメリット⑦就労不能の保険に加入可能

クラウドテックの7つ目のメリットは、就労不能の保険に加入ができることです。

フリーランスは会社とは違い、怪我や病気で仕事を休んだ時に補償を受けられません。例えば、足を骨折して仕事ができない場合に金銭的な補償を受けらず、自らが負担する必要があります。

クラウドテックには「クラウドワーカーあんしん保険」があり、加入することで就業できない時に補償が受けられます。登録者が保険に加入する条件としては、「月額報酬108,000円以上」の月が年に4回以上なければいけません。

クラウドワーカーあんしん保険は加入条件をクリアしている登録者であれば、補償を受けられます。フリーランスとして働く上で安心できることがあると、充実した働き方ができますね。

クラウドテックのデメリットは?

クラウドテックのデメリットは、

  • 他のエージェントより報酬が低い
  • 職種に求人数に差がある
  • 担当者から電話がかかってくる
  • 生活スタイルに合った働き方が難しい
  • 担当者でサービスに差が生じる
  • マージン(手数料)が発生する

の6つです。

クラウドテックのデメリット①他のエージェントより報酬が低い

クラウドテックのデメリットの1つ目は、他のエージェントより報酬が低いことです。

なぜなら、フルタイムとは異なり自由な働き方を求める人が多いからです。例えば、週3日の勤務した場合は、週5日に比べて報酬が低くなります。

登録者は自らの生活スタイルに合わせた働き方ができる分、報酬が低くなることを把握しておきましょう。ただし、勤務する日数を増やすことで高価な報酬も目指せます。

クラウドテックのデメリット②職種に求人数に差がある

クラウドテックのデメリットの2つ目は、職種で求人数に差があります。

約14万の企業が登録していますが、エンジニアの仕事が中心です。

例えば、ライターの仕事を探している人がサービスを利用した場合、必ず求人が見つかるわけではありません。しかし、エンジニアでも十分な技術や経験が必要です。

クラウドテックで仕事を探す人は、技術や経験を持っておきましょう。

クラウドテックのデメリット③担当者から電話がかかってくる

クラウドテックのデメリットの3つ目は、担当者から電話がかかってきます。

担当者から仕事の状況や紹介などの連絡があるのです。登録者の条件によって連絡の頻度は変わりますが、自らのペースで仕事を行いたい人や電話が苦手な人にはデメリットだと感じるでしょう。

クラウドテックのデメリット④生活スタイルに合った働き方が難しい

クラウドテックのデメリットの4つ目は、生活スタイルに合った働き方が難しいことです。

豊富な案件があるクラウドテックですが、自らの条件に合った仕事が必ずあるとは限りません。

例えば、在宅の勤務を希望している場合でも週1回出勤しなければいけないことがあります。担当のキャリアサポーターと相談しながら、条件に合った仕事を探すようにしましょう。

クラウドテックのデメリット⑤担当者でサービスに差が生じる

クラウドテックのデメリットの5つ目は、担当のキャリアサポーターによって対応が異なことです。

登録者とキャリアサポーターの相性もあり、上手くコミュニケーションが取れない場合もあるでしょう。また、キャリアサポーターによって経験や技量も違うため、自らと相性の合った担当者を探してください。

クラウドテックのデメリット⑥マージン(手数料)が発生する

クラウドテックのデメリットの6つ目は、マージン(手数料)が発生することです。

登録者はクラウドテックから仕事を紹介してもらうため、マージンが発生します。マージンはどれくらいになるのか明確に分かりません。

他のエージェントのサービスを利用した場合でもマージンが発生することを覚えておきましょう。

クラウドテックの口コミや評判は?

クラウドテックはフリーランス専門のエージェントで、多くの人が利用しています。今後、クラウドテックの利用を検討している人は、口コミや評判が気になりますね。クラウドテックの良い口コミと悪い口コミについて、見ていきましょう。

良い口コミ

クラウドテックを活用している人は多く、「コスパが良い」「雇用形態が良い」などの声がありました。様々なエージェントサービスがある中で、クラウドテックを登録しておくと自らの条件に合った仕事が見つかるでしょう。

悪い口コミ

クラウドテックでは登録者に担当のキャリアサポーターがつきます。しかし、「担当者によってサービスに差が出る」・「イメージが良くない」との声が上がってました。担当になったキャリアサポーターとの相性が良くなければ、サービスが活用しにくくなりますね。

より詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

クラウドテックの口コミ評判フルリモート案件あり!クラウドテックの口コミ評判おすすめの人を紹介

クラウドテックは未経験者でも利用可能?

クラウドテックは未経験者でも利用できるエージェントです。

エンジニアやデザイナーなどの専門的な案件はスキルや経験が必要ですが、未経験でも仕事ができます。未経験者でも利用できる理由を見ていきましょう。

クラウドテックが未経験者でも可能な理由①未経験の求人がある

1つ目のクラウドテックが未経験者でも可能な理由は未経験の求人があるからです。

クラウドテックの案件は、専門的な仕事以外に未経験の求人もあります。仕事の応募条件が「未経験OK」や「条件なし」などの記載されている場合は、応募ができます。

例えば、ライターを募集している会社の応募条件が経験者でない時、採用してもらえるチャンスがあります。クラウドテックの中で未経験の求人数は少ないですが、チャンスを掴み取りましょう。

クラウドテックが未経験者でも可能な理由②経験を積みながら仕事できる

2つ目のクラウドテックが未経験者でも可能な理由は、経験を積みながら仕事ができるからです。専門的な職種の仕事を行うためには、スキルや経験が必要になります。

しかし、案件によっては未経験者でも経験を積みながら仕事を行えるのです。また、他の仕事で専門的な仕事をしている場合は経験を積めます。

クラウドテックを未経験者が活用するコツは?

クラウドテックを未経験者が活用するコツは、

  • 資格を習得する
  • 仕事の経験を積む
  • 未経験の求人に絞る

の3つです。未経験者がクラウドテックで仕事を獲得するためには、コツを抑えておくと必要があります。

クラウドテックのコツ①資格を習得する

クラウドテックのコツの1つ目は資格を習得することです。専門の仕事をする時に、必ず資格を保有していないわけではありません。しかし、資格を保有することで対外的な評価が上がります。

例えば、システムエンジニアは何も資格が無い人でも業務を行えますが、専門の資格を持っておけば周囲からの高く評価されるでしょう。仕事に関連する資格としては、「基本情報技術者試験・応用情報技術者試験・ネットワークススペシャリスト試験」などがあります。

専門の資格を習得することで知識が深まり、対外的な評価に繋がります。未経験者は資格の習得を目指して、徐々に知識を身につけていきましょう。

クラウドテックのコツ②仕事の経験を積む

クラウドテックのコツの2つ目は、仕事の経験を積むことです。

専門的な仕事の中には資格が必要な職種もありますが、スキルや経験で行えることもあります。例えば、システムエンジニアは資格が無くても経験があれば、業務を行えるのです。

クラウドテックを活用しようとする人は、登録する前に会社で経験を積んでおくことをおすすめします。専門的な職種で一定の経験を積んでいることは、キャリアサポーターやクライアントから注目されるでしょう。

仕事の経験を積む機会があれば、積極的に行ってください。

クラウドテックのコツ③未経験の求人に絞る

クラウドテックのコツの3つ目は、未経験の求人に絞ることです。なぜなら、経験者を求める仕事の場合は、相手側が即戦力を求めているからです。

例えば、システムエンジニアを求めている会社があった場合、経験がある即戦力の方がメリットになるため、採用されやすくなります。

未経験が経験者を求めている仕事を勝ち取るためには、高いハードルを超えなければいけません。そのため、未経験でも仕事ができる求人に絞る方が無駄な時間や労力を使わなくて済みます。

自らのスキルや経験が積める時間や労力に充てるようにしましょう。

クラウドテックは在宅で仕事をしたいな人におすすめ

クラウドテックは、在宅で仕事をしたい人におすすめです。フリーランス専門のエージェントであるクラウドテックはフルリモートの仕事もあるため、在宅で行えます。例えば、やむ得ない理由で在宅の仕事を希望する人は外出せずに、報酬を得られます。

クラウドテックでは、フルリモート以外にも「常駐」や「常駐とリモート」を選べます。職種や条件によって働き方は変わってきますが、自らの生活スタイルに合った仕事を見つけられるでしょう。

在宅で仕事をしたい人はクラウドテックに登録後、キャリアサポーターに相談して状況に合った求人を探してもらう方法も良いです。また、仕事の悩みがある場合はキャリアサポーターに話を聞いてもらいましょう。

クラウドテック以外のエージェント登録は必要?

クラウドテック以外のエージェント登録は必要です。他にも多くのエージェントが存在し、それぞれに特徴があります。自らに合ったエージェントを選び、登録することをおすすめします。また、複数のエージェントを登録しておくと自らに合ったものを見つけられるでしょう。

フリーランスのミカタ
フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

例えば、フリーランスのミカタはエンジニア向けの案件や求人・フリーランスに役立つ情報の提供から仕事探しの代行を行っています。フリーランスのミカタでは、様々な情報を提供しているため、一度活用してみてください。

まとめ

クラウドテックのメリットやデメリット、口コミ・評判について解説してきました。在宅の仕事を行いたい人はクラウドテックに登録して、自らの条件に合った仕事を探していきましょう。

  • クラウドテックはフリーランス専門のエージェント
  • クラウドテックは新たな働き方ができる

クラウドテックはフリーランス専門のエージェントであり、新たな働き方ができます。今後、フリーランスで仕事を行っていく人は、登録してみてください。フリーランスとして安定した仕事を確保して高収入を得たい人は、エージェントを活用すると良いです。

クラウドテックの登録に迷っている人は、本記事を参考にしてみてください。