フリーランスWebデザイナーとは?需要や未経験からなる方法、年収、募集サイトも紹介

フリーランスWebデザイナーとは?需要や未経験からなる方法、年収、募集サイトも紹介

働き方改革によって、長時間労働の是正や副業解禁の流れも相まって日本のフリーランス人工は年々増加傾向にあります。今回調査してみたところ、フリーランス人口は2016年から5年連続で1000万人を超えているんです。

そんな中、将来的な需要も高く未経験からも挑戦しやすく注目されているのがフリーランスwebデザイナーなんですよね。

これからフリーランスwebデザイナーとして独立を考えられている方の中には、

「フリーランスwebデザイナーの年収を知りたい!」
「フリーランスwebデザイナーに必要なスキルは?」
「フリーランスwebデザイナーの案件獲得方法は?」

などあなたは疑問に思っていませんか?

需要が高く、挑戦しやすいからといってすぐさま独立するのではなく、フリーランスwebデザイナーについてしっかり理解してから独立したいはず。独立するにはいろいろ不安もありますよね。

そこで今回は、フリーランスWebデザイナーの年収や単価、必要なスキル、未経験から案件獲得するまでの方法をご紹介していきます。

フリーランスwebデザイナーとして独立を考えられている方や、未経験からフリーランスwebデザイナーを目指される方は是非参考にして取り組んでみてください。

この記事を読み終えたら、フリーランスWebデザイナーとして心得ておく知識が身につき、独立する為の準備が整うでしょう。

それでは参ります。

フリーランスwebデザイナーとは?

フリーランスwebデザイナーとは、フリーランスとして独立し企業や個人などからお仕事を受注してwebデザインを行う職種です。会社に所属せず仕事ができるので、好きな時間や場所で自由に働くことができます。

これからフリーランスwebデザイナーを目指される方の中には、どんな仕事をしてどのくらい稼げるのか気になる方もいるでしょう。そんな方の為に、まずはフリーランスwebデザイナーの主な仕事内容や年収について解説していきますね。

フリーランスWebデザイナーの主な仕事内容

フリーランスwebデザイナーの主な仕事内容は、Webサイト全般のデザインを担当することです。主にバナー制作やロゴ制作、Webサイトのデザインを行いますが、仕事内容や個人のスキルによって仕事の内容や幅も変わります。

例えば、コーディングスキルがないwebデザイナーならwebサイトのデザイン設計の仕事になりますが、コーディングスキルがあるwebデザイナーならwebサイトのデザインからサイト制作まで仕事を受注することができますよね。

上記のように、個人のスキルによって業務範囲を広げられるフリーランスwebデザイナーだからこそ、幅広くスキルを習得していくことが大切です。

あなたが目指す理想の働き方やフリーランスwebデザイナーとしてのキャリアプランを元に習得していくべきスキルを明確にしていきましょう。

フリーランスwebデザイナー年収

フリーランスWebデザイナーの平均年収は約300万円〜600万円が一般的な年収となります。これを多く捉えるのか、少ないと捉えるのかはあなた次第です。

フリーランスWebデザイナーの場合であれば、個人のスキルや働き方次第で年収は大きく前後します。

仮に仕事よりもプライベートの時間を重視したい人であれば、平均年収を下回りますし、仕事を重視したい人であれば平均年収を上回るでしょう。

また、フリーランスWebデザイナーとして実績や経験を積み重ね、企業様やクライアントから信用を得られれば単価交渉することも可能です。

あなたの働き方次第で年収を調整できるフリーランスWebデザイナーだからこそ、独立する前に年収を重視するのか、働き方を重視するのか、しっかり定めた上で独立することをおすすめします。

フリーランスwebデザイナーの年収や収入アップの方法については、下記の記事で詳しく解説していますので、興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

フリーランスWebデザイナーの年収フリーランスWebデザイナーの年収を公開!仕事獲得から単価アップの方法も紹介

フリーランスwebデザイナー単価

Webデザイナー経験年数 週5常駐案件月間単価平均
1年未満 25万円〜30万円
1年目 30万円〜35万円
2年目 35万円〜40万円
3年目 40万円〜50万円
4年目 45万円〜60万円
5年年以上 55万円〜80万円

独自調査の為、あくまで目安として参考にして頂けると幸いですが、フリーランスWebデザイナーの平均相場単価は上記の表を参考にしてみてください。

フリーランスwebデザイナーの平均単価は明確な相場が決まっていませんが、スキルや経験年数が増す毎に上げることができるでしょう。

また、受注する案件の規模や契約内容によって報酬も異なってくるので、単価を上げたい人はスキルを磨き規模の大きい依頼を受注するのがおすすめです。実績や経験を積み重ねることで企業様やクライアントからの信用が高まれば、単価交渉をして単価アップの提案をしてみるのもいいでしょう。

フリーランスwebデザイナーの単価や単価交渉の方法については、下記の記事で詳しく解説していますので、興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

フリーランスWebデザイナーの平均単価は?フリーランスWebデザイナーの平均単価は?単価割れしない方法や収入を上げる方法も紹介

フリーランスWebデザイナーに必要なスキルや能力

フリーランスWebデザイナーとして独立し仕事を獲得していく上でも、スキルや能力がなければ仕事を獲得することが難しいでしょう。フリーランスWebデザイナーとして仕事を獲得していく為には、以下のスキルや能力を身につけておきましょう。

  • マーケティングスキル
  • Adobe・Figmaなどのツール
  • 自己管理能力
  • コミュニケーション能力

それぞれなぜ重要なのか解説していきますね。

マーケティングスキル

フリーランスwebデザイナーとして、案件を獲得するには業界業務以外の専門的な知識が必要になります。中でも、マーケティングに対する知見があると重宝されやすいです。

例えば、webサイトの改善を行う上でABテストを用いて画像の配置やサイトの配色、キャッチコピーの目立たせ方などを複数パターン用意してユーザーの反応率を調査します。

その上で、もっとも反応率が高く成果に繋がるパターンを踏まえたwebデザインの提案ができると、クライアント側も納得する形でサイトデザインの改善を行うことができますよね。

上記のように、クライアント側が抱える問題や課題を理解してより良い形でサイト設計やデザインを行っていくには、マーケティングスキルが必須となります。

フリーランスWebデザイナーとして仕事の幅を広げていく為にも、フリーランスWebデザイナーに類似する業界など幅広い知識やスキルを身につけましょう。

Adobe・Figmaなどのツール

AdobeやFigmaなどのデザイン制作ツールは当然身につけておくべき必須スキル。なぜなら、フリーランスWebデザイナーとしてWebデザインやロゴ、チラシ制作などを行う上では欠かせないツールだからです。

Webデザインのレイアウトやグラフィック加工時にもっとも使うツールのPhotoshopやロゴやチラシなどのイラスト制作で使うIllustratorは使いこなせるようにしておきましょう。

また、仕事の幅を広げる上ではPhotoshopやIllustratorに加えていくつかのツールも使いこなせるよう習得しておくことをおすすめします。

HTML,CSS,JavaScriptのコーディングスキル

フリーランスwebデザイナーとしてWebサイト制作を行う上でサイトデザインから設計まで行えるコーディングスキルを身につけておきましょう。

なぜなら、コーディングスキルを身につけておくことで仕事の幅を広げられフリーランスwebデザイナーとしての単価アップに繋げられるからです。

フリーランスというのは業務ができる人間に対して特定のお仕事を依頼する業務形態になります。webデザインのみならず、コーディングスキルがあるフリーランスwebデザイナーなら希少価値も高く高単価な案件を獲得できるでしょう。

また、コーディングしない場合でもHTML、CSS、JavaScriptを理解しておくことでコーダーと円滑なコミュニケーションを取り仕事を進めることができます。

自己管理能力

自由に働くことができるフリーランスwebデザインナーだからこそ、自己管理能力が必要になります。依頼された仕事を納期を守って納品するには、自己管理しながら計画的に進めなくてはいけません。

仮に自己管理が疎かで依頼された仕事の納期を遅れてしまえば、クライアントからの信用・信頼を失います。クライアントからの信用を失うということは、新たな案件の獲得や継続案件にすることが難しくなり収入源を失ってしまうということ。

ビジネスの世界においてクライアントと信用・信頼を築くことはもっとも重要なことです。あなたがフリーランスwebデザイナーとして、お金を稼ぎ続ける為にも自己管理を徹底しクライアントから信用・信頼を稼げるよう納期を守って仕事をしていきましょう。

コミュニケーション能力

裏方のイメージが強いフリーランスwebデザイナーには必要ないと思われがちですが、コミュニケーション能力は身につけておきましょう。

なぜなら、仕事の依頼をする企業様やクライアントの意図するデザインを制作するには、要望を引き出すコミュニケーション能力が欠かせないからです。

ツールを使いこなせるだけのフリーランスwebデザイナーでは、ただ依頼されたものを作るだけの作業者になってしまいます。作業者のままでは、付加価値を生み出すことができず低単価で仕事を受注することしかできません。

フリーランスwebデザイナーとして単価を上げていくにも、相手のイメージであったり、したいことをヒアリングして相手が納得いくデザイン作成、納品、改善の提案までできるコミュニケーション能力を身につけましょう。

また、ディレクション(プロジェクトを管理、マネジメントする)する側になった際に、チームをまとめて仕事を進める時にもコミニケーション能力があることで生産性を上げることができますよ。

未経験からフリーランスwebデザイナーになるには

未経験からフリーランスWebデザイナーを目指される方は、「フリーランスwebデザイナーになるにはどんなことをしたらいいの?」っと疑問に思っている方もいるはず。

そんな方の為に、未経験からフリーランスwebデザイナーになる方法をステップ形式で解説していきます。

未経験から未経験からフリーランスwebデザイナーになるには5つのステップがあります。

  • STEP1:デザインの基礎知識を習得
  • STEP2:必須ツールを使いこなす
  • STEP3:実際に成果物を作る
  • STEP4:ポートフォリオを作成する
  • STEP5:新しく出来ることを増やす

それぞれのステップについて解説していきますね。

STEP1:デザインの基礎知識を習得

まずは、デザインの基礎知識を習得しましょう。基礎知識を学ぶ際の方法として独学で学ぶかスクールに通って学ぶか2つの方法がありますがどちらの方法で学ぶかはあなたの自由です。

ただ、独学で学ぶ際には本などを購入し座学から入る人が多いですが、座学からでは離脱してしまう人が多いのが事実。なぜなら、実際に手を動かさず本などで紹介される座学をイメージしたり知識として定着させることが難しいからです。

独学で学ぶ際は、とにかく手を動かし実践でイメージを身に付けながら、小さな成功体験を積み重ねること重要。例えば、Udemyなら未経験からWebデザイナーになるための講座が5,000円〜20,000円、セール期間なら5,000円以下で受講できます。

スクールに通うお金がない方でもUdemyのような動画媒体で実践的に学習を進めていき、不明点を本などで解決していけば独学でデザインの基礎知識を習得することができるでしょう。

参考 UdemyUdemy

STEP2:必須ツールを使いこなす

フリーランスWebデザイナーとして独立するためには、PhotoshopやIllustratorなどの必須ツールを使いこなせるようにしましょう。なぜなら、Webデザインを行う上で、PhotoshopやIllustratorを使うことが一般的だからです。

フリーランスWebデザイナーのWebデザインの完成度や仕事のスピードはどれくらいツールを使いこなせているかで変わってきます。仕事を依頼されたクライアントに満足してもらえる完成度とスピードで納品できるよう必須ツールを使いこなせるように習得しておきましょう。

また、関わる企業様、クライアント、案件によって使用するツールが変わる可能性がある為、PhotoshopやIllustrator以外のツールも使いこなせるようにしておくことをおすすめします。

STEP3:実際の成果物を作る

デザインの基礎と必須ツールを使いこなせるようになったら、実際の成果物を作成しましょう。なぜなら、成果物がなければあなたに仕事を依頼してくれる企業様やクライアントはほとんどいないからです。

お仕事の依頼をする企業様やクライアントが期待するのは、成果物から発生する売上。そのため、売上に繋げられる成果物や実績を提示できなければお仕事の依頼を受けることは難しくなります。

未経験からフリーランスWebデザイナーを目指すなら成果物や実績を積み重ねる為にも、身の回りの友人や知人にあなた自身ができることやスキルをアピールしていきましょう。最初は小さなお仕事でも引き受けて成果物や実績を積み重ねていくことで、大きな仕事へと繋げていくことができますよ。

STEP4:ポートフォリオを作成する

成果物や実績を積み重ねることができたら、ポートフォリオサイトを作成しましょう。ポートフォリオサイトはフリーランスwebデザイナーにとって自身を売り込む営業道具になります。

お仕事を依頼する企業様やクライアントは、あなたがどのようなスキルや実績があるのかわからなければお仕事の依頼も出来ません。あなた自身が何ができるデザイナーなのかをアピールするためにポートフォリオサイトが必要です。

自分の成果物をnoteや自身のLPなどを作成し公開することで、今後の案件獲得にも役立ちますしサイトを見るだけで問い合わせしてくれる企業様やクラアントもいます。また、サイト内で自身の信念や制作秘話など仕事への思い入れなどを加えて紹介することで、あなたの人柄が伝わり案件獲得しやすくなりますよ。

フリーランスwebデザイナーのポートフォリオサイトやポートフォリオ作成のポイントについては、下記の記事で詳しく解説していますので、興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

【作らな損】フリーランスWebデザイナーの参考ポートフォリオサイト10選

STEP5:新しくできることを増やす

ポートフォリオサイトをサイトを作成できたら、新しくできることを増やす為のチャレンジをしましょう。なぜなら、一つのスキルを習得している人より、複数のスキルを習得している人の方が仕事を獲得できる可能性が上がるからです。

例えばWebデザイナーからコーディング知見を更に深めたり、SEOやSNSマーケティングを習得することで、デザインもやりつつ新しい仕事の獲得もできますよね。新たな領域でスキルを習得することであなたのフリーランスWebデザイナーとしての希少性が高まります。

希少性が高まれば高まる分、仕事の幅もひろがり案件の単価も上がって更なる収入アップも見込めますよね。自身の成長を楽しみながら新たなスキルを習得していき、あなたが理想とするフリーランスWebデザイナーとしてのライフワークを手にいれましょう。

フリーランスwebデザイナー案件獲得方法

ここまで解説を見られた方の中には、「ぶっちゃけフリーランスWebデザイナーの具体的な案件獲得方法って何するの?」と疑問に思った方もいるはず。そんな方の為に、フリーランスwebデザイナーの案件獲得方法を紹介していきます。

フリーランスwebデザイナーの案件獲得方法は以下の3つ。

  1. SNSの活用
  2. 交流会イベントや友人からの紹介をもらう
  3. エージェントやクラウドサージングに登録する

それぞれについて解説していきますね。

1.SNSの活用

あなた自身の作品やポートフォリオサイトの認知度を高める為にもSNSを積極的に活用しましょう。なぜなら、ポートフォリオサイトの認知度や流入を集めるのにSNSが一番効果的だからです。

ポートフォリオサイトを作成しただけの状態では、検索流入で公開されてから検索結果にヒットするまでに最低でも3ヶ月程度あり時間がかかります。その間にポートフォリオサイトを認識してもらえなければ流入もなく案件獲得はできませんよね。

しかし、SNSならシェアした直後に流入獲得を期待でき、仕事を依頼してくれる可能性が上がります。日常的な投稿も踏まえて、あなた自身の作品や実績、人柄が伝わる投稿をしクライアントに興味を示してもらえれば案件獲得の依頼も増えるでしょう。

2.交流会イベントや友人からの紹介をもらう

SNSでの発信は効果的ですが、フォロワーが少ない状態でいきなり案件獲得するのは難しいでしょう。そこで、代表的な案件獲得方法として交流会イベントや友人からの紹介をもらうことをおすすめします。

フリーランスWebデザイナーにとって、信頼できる案件獲得の方法が友人や友人からの紹介。もともとの知り合いだからこそ、信頼関係もある状態で営業ができるので即効性のある営業活動ができますし、報酬や単価交渉もしやすいです。

また、人と積極的に会いたい人は交流会やイベント、オンラインサロンなどのコミュニティに参加して対人で直接営業をするのがいいでしょう。営業以外にも異業種の方とも交流でき情報収集にもなるので一石二鳥です。

3.エージェントやクラウドソーシングに登録する

フリーランスwebデザイナーとして働く場合、仕事の獲得は自分自身でおこなわなければいけません。自分自身で営業活動するのが苦手な方は、エージェントやクラウドソーシングに登録しましょう。

エージェントサービスは営業活動を代行してくれ、あなたのスキルにあった仕事にフォーカスして案件提案してくれます。個人のキャリアプランについて専門的な知識をもったエージジェントに相談もでき、キャリアアップや収入をあげたい時にも対応してもらうことができるんですよね。

また、クラウドソーシングサービスの場合は案件単価は低くなりますが、好きな仕事を好きな時間にできます。自身のスキルアップや経験を目的に仕事を獲得できるので実績を積み重ねやすくなるでしょう。

様々な方法でお仕事の依頼を得られる時代なので、提供されているサービスを駆使しながら案件獲得していくことをおすすめします。

フリーランスwebデザイナーの案件獲得方法や案件獲得時の注意点については、下記の記事で詳しく解説していますので、興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

フリーランスWebデザイナーの案件獲得方法を紹介!【完全網羅】フリーランスWebデザイナーの案件獲得から単価、仕事内容まで紹介!

フリーランスwebデザイナー見積書の重要性

フリーランスWebデザイナーおいて、見積書はとても重要です。なぜなら、見積が雑だと契約後にトラブルになる他、クライアントから仕事の案件を獲得できない可能性が高いからです。

あなたが仕事を依頼する立場だったら、依頼した制作物に対する納期や費用が曖昧なデザイナーに仕事をお願いしたくないですよね?実際、見積書のトラブルで多いのは見積書で提示した金額と実際の請求金額に変動がおこることです。

モノに価格変動があるように、サービスでも同じことがおこる場合もありますが事前に価格変動の可能性を提示していなければ後々トラブルに繋がってしまいます。また、仕事を受注するデザイナー側も曖昧な見積で仕事を受注すると、後から追加されるクライアントの要望に答えてしまい採算が合わなくなってしまう可能性もあるんですよ。

上記のようなトラブルがおこらないよう、依頼してくれた企業様やクライアントに納期や費用(変動の可能性)を提示し、お互いが納得した上で仕事を依頼する為の重要な役割が見積書です。

フリーランスwebデザイナーの見積方法や見積時の注意点については、下記の記事で詳しく解説していますので、興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

フリーランスのWebデザイナーの見積もり作成方法フリーランスWebデザイナーの見積もり作成方法は?重要性と工数、相場を元に紹介

フリーランスwebデザイナーの案件獲得ならフリーランスのミカタで

フリーランスのミカタ
フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

フリーランスのミカタでは、想定年収360万円〜1200万円の案件を多数掲載しています。最高月収100万円の案件も取り扱っているエージェントサービスです。

他のエージェントサービスに比べて高単価の案件が豊富なのが特徴。あなたの働き方や仕事の目的にあわせられるよう、最低週2〜週5の働き方から案件を探すことができ理想の働き方や収入を得られます。

専任コンサルタントによるトータルサポートをしてくれる為、キャリアアップやお仕事に対する相談もしやすく案件獲得まで手厚くサポートしてくれますよ。気になる方は気軽に下記からお問い合わせしてみてくださいね。

まとめ

今回は、フリーランスWebデザイナーの年収や単価、必要なスキル、未経験から案件獲得するまでの方法ををご紹介させていただきました。

フリーランスWebデザイナーとして独立し生活していく為には、求められるスキルを習得することは勿論、フリーランスWebデザイナーとしてどのようなキャリアや働き方をしていきたいのか明確にした上で独立することをおすすめします。

自由な働き方ができるフリーランスWebデザイナーだからこそ、ブレない軸を持ってセルフマネジメントしながら仕事をしていくことが重要でしょう。

今回の記事を参考にして、あなたのフリーランス人生の助力になれれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

【webデザイナー向け】フリーランスの案件獲得サイトおすすめ5選!【webデザイナー向け】フリーランスの案件獲得サイトおすすめ5選! フリーランスWebデザイナーの仕事のとり方6選と注意点【2021最新】フリーランスWebデザイナーの仕事のとり方6選と注意点を解説