ネットワークエンジニアに転職はできる?おすすめの転職サイト5選まで

「ネットワークエンジニアへ転職はできる?」

「ネットワークエンジニアって転職に有利な資格があるの?」

「ネットワークエンジニアの転職におすすめのサイトは?」

ネットワークエンジニアに転職しようと考えている方は、ネットワークエンジニアに転職できるかどうか不安ですよね。

転職できる理由を知らずに転職してしまうとお得な情報を逃してしまい損をしてしまうかもしれません。

また、転職に有利な資格やスキルがあるのか理解することで有意義に転職が進められますよ。

そこで今回はネットワークエンジニアに転職できる理由を3つ紹介!ネットワークエンジニアにおすすめの転職サイトや資格、スキルなども解説します。

この記事を読めばあなたがネットワークエンジニアに転職する際に役に立ちますよ。

ネットワークエンジニアについての詳しい解説は以下に記事にて行っていますので、合わせてご覧ください。

【完全網羅】ネットワークエンジニアの仕事内容/年収/スキル/将来性について解説

ネットワークエンジニアへ転職することは可能?

どこの企業でも人材不足と言われているため、転職することは可能です。エンジニアの中でもネットワークエンジニアは特に人材不足に陥っています。

人材不足に陥っている理由は、ネットワークエンジニアは専門性が高く、時代と共に新しい機器やシステムが増えるため覚えることが山のようにあるからです。

さらにネットワークよりもアプリ事業が盛んになっているため、アプリ事業に人が流れている傾向にあります。

たとえネットワークエンジニアが未経験であっても積極採用している企業は多数ありますので未経験だからといって諦める必要はないでしょう。

ネットワークエンジニアは資格を所持していなくても知識やスキルがあれば転職は可能とされています。

ネットワークエンジニアへ転職できる3つの理由

「ネットワークエンジニアへ転職ができることはわかったけど転職できる理由は何だろう?」と思っている方のため、ネットワークエンジニアへ転職できる理由について紹介していきます。

ネットワークエンジニアへ転職できる理由は以下の3つです。

  • 未経験でも仕事が出来る
  • 必須の資格がない
  • 知識やスキルをつければ年収アップが見込める

ネットワークエンジニアへ転職できる理由について具体的にわかりやすく紹介していきますね。

未経験でも仕事が出来る

たとえネットワークエンジニアの仕事が未経験だったとしても、対応可能な仕事が多数ありますので、未経験者でも仕事ができるような環境が整っています。

ネットワークは24時間365日、常に稼働している状態のため、誰かが正常に稼働しているかどうか確認しておかなければいけないんですね。

ネットワークを運用したり保守したりする作業は未経験者でも可能な仕事ですよね。

また、未経験からネットワークエンジニアを始めるには以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてください。

未経験からネットワークエンジニアになるには?必要な能力から注意点まで

必須の資格がない

企業によっては資格が必須といわれる企業もありますが、ネットワークエンジニアには必須の資格がありません。

資格がなくても知識やスキルを身につけておけばできる作業ばかりですので無理に取得する必要はないんですね。

ただ資格を取得しておくとスキルの証明に繋がったり、年収がアップしたりするので、ネットワークエンジニアに関連のある資格は取得しておくことをおすすめします。

知識やスキルをつければ年収アップが見込める

知識やスキルをつけて資格を取得していると年収アップが見込めますし、同じ職場の人から認めてもらえますよ。

ネットワークエンジニアに関連のある資格は会社側も高く評価されることがあるんです。

またネットワークエンジニアは専門的な知識やスキルが必要なため、専門的な知識やスキルを持っているとネットワークエンジニアに転職しやすくなります。

知識やスキルをつけるには、日々の勉強が大事で知識やスキルを証明したいのであれば資格取得が一番ですね。自分が頑張った証になりますし、企業にとっては証明にもなります。

ネットワークエンジニアへ転職する3STEP

「実際にネットワークエンジニアへ転職したいけどどうすればいいんだろう?」このような悩みを抱えている方のため、ネットワークエンジニアに転職する方法をステップ形式で紹介していきます。

ネットワークエンジニアへ転職する3STEPは以下の3つです。

  • スクールに通う
  • 資格を取得する
  • アピールできるスキルを習得する

ネットワークエンジニアへ転職する3STEPについて紹介していきますね。

1. スクールに通う

ネットワークエンジニアの勉強を何から始めていいのか分からない人はスクールに通いましょう。

スクールは決められた時間の中で集中的に学習でき、わからない問題があればすぐに相談できて効率的に学べますよ。

スクールに通っている他の人とも張り合えますので刺激的な毎日を送れるでしょう。

ただしスクールに通うとなるとそれなりに費用がかかってしまうため、独学の方がコスパがいいと考える人もいますよね。

確かに独学は一人で集中的に勉強できますが、分からない問題が出てきた時に質問できる相手がいません。

スクールでは先生がいますので、わからない問題があったとしてもすぐに解決できるため、スクールに通う方が勉強ははかどるでしょう。

2. 資格を取得する

資格を取得すれば自分に自信がつき、企業側には勉強している証になりますよね。

ネットワークエンジニアの資格は難易度が高いものが多く、資格を取得するまでに時間がかかってしまいますが、取得すると評価されますよ。

ネットワークエンジニアにおすすめの資格は以下の3つです。

基本情報技術者試験 情報セキュリティスペシャリスト シスコ技術者認定試験

どれも難易度が高いですが、取得すると仕事に役立てられますよ。

また、ネットワークエンジニアの資格については以下の記事でも詳しく解説していますので参考にしてください。

ネットワークエンジニアおすすめ資格6選!必要性や理由、メリット・デメリットも紹介

3. アピールできるスキルを習得する

ネットワークエンジニアについてアピールできるスキルを取得しておくと仕事をする上で有利になります。

スキルを取得しておけば、この人に仕事を任せたいと思ってもらいやすくなります。

また仕事の幅も広がり、新しい仕事がどんどん自分の元へ舞い込んでくるため、アピールできるスキルを取得しておいた方がいいですね。

ネットワークは常に新しいものへ進化しているため、その都度新しいものを覚える必要が出てきますが、新しいことを覚えてスキルを磨いていくことはとても大切なことです。

また、ネットワークエンジニアのスキルについては以下の記事でも紹介していますので参考にしてください。

身に着けないとやばい!ネットワークエンジニアに求められる必須スキル

ネットワークエンジニアにおすすめの転職サイト5選

「ネットワークエンジニアに転職したいけどおすすめの転職サイトってどこなの?」と思っている方のため、ネットワークエンジニアにおすすめの転職サイトについて紹介していきます。

ネットワークエンジニアにおすすめの転職サイトは以下の5つです。

  • レバテック
  • DYM試験
  • ワークポート
  • TechClips
  • GEEKLY

ネットワークエンジニアにおすすめの転職サイトについて具体的にわかりやすく紹介していきますね。

レバテック

参照元: レバテック

エンジニアに最適の転職サイトで、おすすめ順から順番に表示してくれます。勤務地やスキルなどが選択でき、自分に合った企業が検索できますよ。

自分がどんな会社で働きたいのかわからないときはカウンセリングを受けることもできます。その場合、自宅に居ながら電話やオンラインで相談できるため、わざわざ会社に出向くことなくカウンセリングが受けられますよ。

自分に合った企業がどこなのかわからないという人におすすめです。

DYM試験

参照元: DYM試験

就職や転職は自分の人生を大きく変えるものなので不安や心配がつきものですよね。実績が多いDYM試験ならその心配もありませんよ。

面談は対面かオンラインが選べて会社とのミスマッチを防ぐにあたり、納得がいくまで話し合いをします。必ず正社員になりたい、優良企業で働きたいと考えている人はDYM試験がおすすめです。

実績の多い転職サイトで転職活動したいという人はDYM試験を選ぶといいですよ。

ワークポート

参照元: ワークポート

初めての転職なら不安が大きいですよね。

「転職ってどうすればいいんだろう?」と思い悩んだり、「何から始めたらいいのかわからない…」と考え込んでしまい、なかなか前に進めずに時間だけが過ぎてしまうこともあるでしょう。

ワークポートならあなたの転職をサポートしてくれます。どのように転職活動を進めたいのか分からない人は一度相談してみてください。あなたの分からないと思っていることを解決してくれますよ。

初めての転職に困った時はワークポートに相談しましょう。転職の進め方について1から教えてくれます。

TechClips

参照元: TechClips

TechClipsはITエンジニア専門の転職サイトです。専門としているからこそエンジニアに特化した求人が多数揃っています。

転職するなら高収入がいいと思う人や待遇がいい場所で働きたいと思っている人はTechClipsがおすすめです。TechClipsは転職が終わった後もサポートしてくれます。転職者が入社するまでサポートは続くため安心ですね。

こだわりの条件を持っている人はTechClipsにしましょう。転職後のサポートも受けられるので安心できますよ。

GEEKLY

参照元: GEEKLY

公開求人だけでなく非公開求人も多数扱っているGEEKLYはウェブ業界に転職したい人向けに展開している転職サービスです。初めてIT業界へ転職する人向けの求人も用意されているので初心者の人も安心ですね。

拠点が東京と東京の渋谷にしかありませんので都会に住んでいる人は便利かもしれませんが、それ以外の人には少々不便かもしれませんね。

求人数を沢山知って自分に合った会社を選びたいという人におすすめです。初めてネットワークエンジニアに転職するという人でも求人はありますので心配いりません。

ネットワークエンジニアに転職する上で身につけておきたいスキル

「ネットワークエンジニアに転職する上で身につけておきたいスキルって何があるの?」と思っている方のため、ネットワークエンジニアに転職する上で身につけておきたいスキルについて紹介していきます。

ネットワークエンジニアに転職する上で身につけておきたいスキルは以下の3つです。

  • 英語力
  • コミュニケーション力
  • 技術スキル

ネットワークエンジニアに転職する上で身につけておきたいスキルについて具体的にわかりやすく紹介していきますね。

英語力

サイバー攻撃や新たなセキュリティ問題はアメリカなど海外から発信されているため英語力が必要になるんですね。

単語ひとつひとつの意味も理解が必要ですが、読解力がないと全く意味がわからず対策がとれませんよね。

ネットワークエンジニアに英語は必要ないと思われがちですが、ネットワークの機器を設定するにも英語表記が多いため、とても重要になります。

コミュニケーション力

ネットワークエンジニアは1人で黙々と作業しているイメージが強いですが、大きなプロジェクトを抱えるとチームを組んで仕事をします。そのためコミュニケーションが重要になってくるんですね。

また、お客様にシステムをわかりやすく伝えるためにもコミュニケーションが必要です。コミュニケーションが成り立っていないと理解できていないまま作業を進めてしまいミスにつながりますからね。

コミュニケーションが苦手な人はまず同僚や家族など身近にいる人と話をしてみましょう。

技術スキル

ネットワークに接続するためにはどうすればいいのか、他社の会社のネットワークを接続するために必要なことは何かなど、ネットワークエンジニアには技術が必要です。

技術がまったくなく初心者の状態で転職すると1からすべて覚えることになるため周りについていけなくなるでしょう。

またネットワークエンジニアはサーバーエンジニアやインフラエンジニアの人たちと合同で作業することもあります。

ネットワークエンジニアの仕事だけでなく、他のエンジニアの仕事も把握しておくとよりスムーズに仕事が出来ますよ。

ネットワークエンジニアに転職する際に知っておきたいプログラミング言語

「ネットワークエンジニアってやっぱりプログラミングを知っておいた方がいいの?」と思っている方のため、ネットワークエンジニアに転職する前に知っておきたいプログラミング言語について紹介していきます。

ネットワークエンジニアが転職する際に知っておきたいプログラミング言語は以下の3つです。

  • PHP
  • Rudy
  • Java

ネットワークエンジニアが転職する際に知っておきたいプログラミング言語について具体的にわかりやすく紹介していきますね。

PHP

お問い合わせフォームを作ったり、買い物カートを作ったりできます。PHPを知っておけば様々なカスタマイズが自由に制作できるため知っておきましょう。

PHPを勉強するにはスクールに通うのがいいですね。基礎から実践スキルまで身につきますし、個人レッスンをしてくれるのでおすすめですよ。

Ruby

SNSやスマホのアプリを作れるRudyはアプリケーション、フレームワークが中心になります。

ネットワークエンジニアには関係なさそうでも、アプリやフレームワークができるだけで一気に転職に有利です。

Rudyの勉強方法はサンプルとなるコードを真似して実際にアプリを起動させてみましょう。自分で動作できなければ意味がありません。

目で見て学習するだけではなく実際に動作してみることでスキルが身につきますよ。

Java

システム開発に使用されることが多い言語です。Javaは世界でも人気の高い言語になりますので、海外で仕事をしても通用するでしょう。

Javaを勉強するには動画学習サイトがいいですね。無料で受講でき自宅でスキマ時間に勉強ができるので勉強時間があまりないという方にもおすすめです。

ネットワークエンジニアに転職する上で有利になる資格4選

「ネットワークエンジニアは資格が必要ないって聞いたけど…」と思っている方も多いと思いますが、ネットワークエンジニアに転職するのであれば資格を取得しておいた方が有利ですよ。

ネットワークエンジニアが転職する上で有利になる資格は以下の4つです。

  • CCNA
  • CCNP
  • シスコ技術者認定
  • ネットワークスペシャリスト

ネットワークエンジニアが転職する上で有利になる資格について具体的にわかりやすく紹介していきますね。

CCNA

参照元:CISCO

CCNAを取得して仕事の幅を広げたい人や年収アップにつなげたいという人におすすめの資格です。

独学でも資格は取れますが、スクールに通う方が合格率は上がり効率的に学習できますよ。

CCNAは仕事をしながらでも資格取得が可能です。

自分の空いた時間を利用してスキマ時間に学習することで合格率が上がります。

CCNP

参照元:CISCO

CCNAよりも試験の難易度が上がり、より難しくなっています。

CCNPは全部で7コースの試験がありそのうち1つのコースに合格したとしてもCCNPの資格は与えられないようになっています。

1つのコースの試験に合格したあと、残りのコースを3年以内に合格できないとCCNPの資格は与えられないため厳しい試験になっています。

資格に条件があるCCNPですが、資格を所持していることでスペシャリストとして認定してもらえるので転職に非常に有利になるでしょう。

シスコ技術者認定

参照元:CISCO

未経験者のネットワークエンジニアにおすすめの資格です。

ネットワークの基礎から応用までの知識やスキルを自分は持っているという証明になります。

基礎や技術がわかっていると証明できるので転職でも有利ですよね。

またネットワークにトラブルが起こった時もすぐに対応できるため転職先でも活躍できますよ。

ネットワークスペシャリスト

参照元:IPA独立行政法人

ネットワークシステムのより高度な技術が証明できる資格です。

国家資格となり合格率は14%とかなり難易度が高くなっています。

ネットワークスペシャリストの資格を取得すればあらゆる仕事を難なくこなせることはもちろん、ネットワークについて対応に困ることはないでしょう。

まとめ

今回は、ネットワークエンジニアへ転職できるのかについて紹介しました。

ネットワークエンジニアへ転職する3ステップは以下の通りです。

  • スクールに通う
  • 資格を取得する
  • スキルをアピールする

資格を取得してスキルを証明できればほかの転職者に差をつけられますし、スクールで勉強していれば独学よりも効率的に基礎から学べますよ。

ネットワークエンジニアに転職する際は、この記事を参考にしていただけると幸いです。