【最新版】フリーランスの仕事一覧から目的別に始めやすい仕事3選を紹介

「フリーランスの仕事が一覧で見たい!」

「どうやって仕事を決めれば良いのかわからない…」

「フリーランスの仕事内容や種類が知りたい!」

会社に所属せず、働く時間や場所が自由に選べるフリーランスの働き方。

浸透しつつある新たな働き方に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、興味や関心を抱きいざ調べてみても、結局フリーランスがどんな仕事をしているのか、どんな仕事があるのか分からなかったりしますよね。

また、これからフリーランスとして働いていくにあたって「自分に合った仕事を見つけるために仕事内容や特徴を一覧で比較したい!」という人もいるはず。

そこで今回は、フリーランスの仕事を一覧で紹介!仕事の種類・内容を一覧で紹介しつつ、仕事選びに役立つポイントも解説していきますよ。

この記事を読めば、実際に仕事の獲得方法や重要ポイントも解説するので、フリーランスとして働くイメージも湧きやすくなるでしょう。

フリーランスの仕事とは?

フリーランスの仕事とは、システム管理やデザイン設計など主に企業や個人から依頼された業務を行うことです。

企業か個人かを問わず、仕事を依頼したくても身の回りに適した人材がいないという事態は相応にして起こります。

その際依頼主は適した人材に仕事を依頼するため、クラウドソーシングやエージェンサービスを活用し人材を募集。

フリーランスは、スキルや能力を加味して募集されている仕事の中から、自分に合った仕事を選び。

目的や理想はもちろん、働く時間や場所などの条件を自由に選べる一方で、数多くの選択肢から自分で判断して選ばなくてはならないのが、フリーランスが行う仕事の特徴ですね。

MEMO
※クラウドソーシング:企業や個人が仕事を依頼・募集・受注できるWebサービス
※エージェントサービス:働き手の理想や条件に適した仕事を提案・紹介してくれるキャリアサポートサービス

フリーランスの仕事って何がある?内容や特徴、種類を職業別にわかりやすく解説

フリーランスの仕事を一覧で紹介

ここでは、フリーランスの仕事を職業・職種別に一覧で紹介しております。

下記にて解説している「フリーランスの仕事を職業別に厳選紹介」と合わせて目を通していただき、フリーランスとして仕事をするイメージにお役立ていただければ幸いです。

職業職種
エンジニアシステムエンジニア
プログラマー
サーバーサイドエンジニア
フロントエンジニア
マーケターWebディレクター
データアナリスト
データサイエンティスト
デザイナーWebデザイナー
UI/UXデザイナー
グラフィックデザイナー
映像クリエイター
ライターWebライター
ブロガー
コピーライター
ITコンサルタントPMOコンサルタント
SEOコンサルタント
ITマネジメント戦略コンサルタント

フリーランスの仕事は?職業別

ここからは、フリーランスの仕事の種類について解説していきます。

  • エンジニア
  • マーケター
  • デザイナー
  • ライター
  • ITコンサルタント

上記の5つの職業分けて紹介していきます。

現状フリーランスとして活躍している人材の中でもっとも多い職業別ですよ。

今後フリーランスを検討している人は、上記の5つの中からあなたに合う職業を選んでみるのがおすすめです。

エンジニア

エンジニアは、依頼主の要望を実現するシステムを開発・構築する仕事を担う職業です。

コンピューターを動かすプログラミング言語を用いて、システムの設計から運用・管理までを担当します。

フリーランスが受ける仕事によってはプロジェクトの進捗管理を行うケースもあるため、プログラミングスキルはもちろん、マネジメントスキルやプロジェクトメンバーと円滑にコミュニケーションが取れるスキルが必要となる職業ですね。

マーケター

マーケターは、商品やサービスをお客様に販売するまでの仕組みや道のりをつくる職業です。

商品・サービスの企画立案からターゲット設定、広告・販売・営業戦略にいたるまでのマーケティング構築を担当します。

マーケターは商品・サービスをお客様に届けるまでの道のりを形にするため、フリーランスとしてやっていくなら、企画や広告・営業など「商品を売る」までの工程をつくれる深く幅広い知見とスキルが必要となる職業です。

デザイナー

デザイナーは新聞の広告イラスト、雑誌・ポスター・書籍の表紙やレイアウト、Webページのロゴなど、利用者の目に見えるあらゆるデザインをつくる職業です。

依頼主の要望に沿ったデザインをつくるのが仕事ですが、目的や用途によってデザインの仕様はさまざまなため、センスはもちろん幅広い知見と経験が求められます。

依頼主の要望にどれだけ応えられるか、フリーランスデザイナーとしての技巧が問われる職業ですね。

ライター

ライターは、依頼主の要望に適した記事を執筆する職業です。

Web媒体を主軸にするフリーライターであれば、ニュースサイトやオウンドメディアの記事執筆案件がメインとなります。

読み手に負担をかけず順序立てた文章が書けるライティングスキルや論理的思考力はもちろん、検索者が求めている情報を汲み取り適切な情報を提供できる仮説思考が求められる職業です。

上記のスキルを持ち合わせSEOの知見を蓄えれば、フリーライターとして高単価な仕事を受けられるようになるでしょう。

ライターの仕事内容は?現役の口コミ・納品までの工程も合わせて紹介

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、IT技術・ツールを駆使して企業やプロジェクトチームの課題を解決し、成果の実現を担う職業です。現状から課題を特定し、解決する戦略の策定、効果測定を重ねながら、課題のかいけつを目指します。

課題を解決し、成果を実現するという単一の仕事ではないため、マネジメントや戦略建てや改善施策など、花広い知見と経験が求められるITコンサルタント。

フリーランスコンサルタントとしては、実績がないと仕事の依頼されづらいため、スキルや経験を積み実績をつくる下積みの期間が必要となるケーズが多いでしょう。

また今回は職業にフォーカスしてフリーランスの仕事を紹介しましたが、下の記事では職種にも焦点を当てフリーランスの仕事を解説しているので、良ければ参考にしてみてください。

【2021年最新】フリーランスの仕事内容18選を職種別に徹底比較

フリーランスとして始めやすい仕事3選【目的別】

ここからはフリーランスとして始めやすい仕事を目的別に紹介していきます。

人によって、フリーランスになる理由は違ってくるでしょう。

目的によって、適した仕事は変わってくるため今回は以下3つの目的に分けてそれぞれに適した仕事を紹介していきますね。

年収や単価、必要なスキルも紹介していきますので仕事選びの参考にしてください。

未経験から今すぐ始められるWebライター

年収260万~550万
単価相場1文字あたり0.5円~5円
必要なスキルライティングスキル・SEO関連の知識

未経験から今すぐに始めたいと考えている方には、Webライターがおすすめです。

ライターは、パソコンとネット環境さえ整っていれば初期費用があまりかからずに比較的始めやすい仕事です。

特別なスキルが無くとも文章を書く能力があれば始められ、**初心者向けの案件も多く募集されている**ため、敷居が低くなっています。

しかし、敷居が低い分競合相手も多くいるため案件の単価は低い場合が多いです。

年収においても200万円未満の人もいれば、1000万円以上稼いでいる人がいるなど稼ぎの幅が広いと言えるでしょう。

Webライターである程度稼いでいこうと考えると、基礎的なライティングスキルの他にもSEOの知識、Webデザインの知識を身に着けるなど他者との差に繋がるスキルが必要となってきますよ。

そのため、初めは初心者でも受けられる低い単価の案件から始めていき、その間に自分のスキルを高めていきながら徐々に高い単価の案件を狙っていくのが良いでしょう。

本業の傍らで副業として始められるブロガー

年収1万〜
単価相場1PVあたり0.5円~3円
必要なスキルライティングスキル・SEO関連の知識・サイト制作

副業として始めていきたいと考えている方には、ブロガーがおすすめですよ。

ブロガーとは、自身が運営しているブログやWebサイトに商品広告を掲載し、読者が広告をクリック又は商品を購入してくれると報酬が入ってくる仕事です。

ブロガーのメリットとしては、1つの案件ごとの成果報酬とは違い自分が書いたブログ記事がWeb上で勝手に働いてくれることにあります。

そのため、自分が寝ていようが仕事をしていようが収入が発生するため不労所得に近い状態が作れ、本業を圧迫することなく収入が得られますよ。

しかし、軌道に乗せるまでに時間がかかるという側面もあります。

始めたばかりの頃は、閲覧者も当然少なく収入がゼロということも当然起こり得るでしょう。

実際に月の収入が1000円未満の人も多くいます。

だからこそ、本業として始めるのではなく副業として始めることによって、本業の傍らでコツコツと技術を身に着けていきながら閲覧数を高めていき、収入源として育てていくのが良いでしょう。

ガッツリ高収入を狙っていけるコンサル系

年収600万~1000万
単価相場月単価70万~120万
必要なスキル営業力・マーケティング力・マネジメント力・3年以上の実務経験

ガッツリ高収入を狙っていきたい方には、コンサル系の仕事がおすすめです。

コンサル系と言っても分野は様々でITコンサルタント・Webコンサルタント等ありますが、自身の得意分野を活かした仕事を選ぶと良いですよ。

コンサル系の案件は単価相場が非常に高く、高収入を狙っていける仕事です。

しかし、高収入な分専門性は高く誰でも気軽に始められるという訳ではなく、専門的な知識と豊富な経験を求められます。

ほとんどの案件が経歴と実績を重視しているため、通常は3年以上の実務経験をした後に独立するのが一般的ですね。

フリーランスの仕事を決める上での基準

ここまでにも紹介してきたように、フリーランスとして働いていくにも様々な仕事があります。

中には自分に合った仕事が分からずに悩んでしまっている方もいることでしょう。

実際フリーランスでは働き方・仕事内容を自由に決められる反面、たくさんあって何の仕事をしたらいいのか分からないですよね。

そこでここからは、フリーランスの仕事を決める上での基準を紹介していきます。

仕事を決める上で基準にした方が良い項目は以下の3つです。

以降で詳しく紹介していきますので、仕事選びの参考にしてください。

スキル面

1つ目は、スキル面を重視して仕事を決める方法です。

これまでの職務経験から得られたスキル、現状持っている資格を活かせる職種から選べばすぐにでも仕事に活かすことができ、良いスタートダッシュがきれるでしょう。

また、これから得ていきたいスキルから仕事を決めるのも1つの手ではあります。

自分の興味のあるスキル、身に着けたいと思うスキルに通ずる仕事から絞り込んで決めるのも良いでしょう。

しかし、これから得ていきたいスキルですので現状は未経験の仕事を始めていくことになります。

初めは学びながら行っていく関係上苦労することもあるでしょうが、自身の興味のあるスキルを向上させながら仕事に励むことができますよ。

将来性

2つ目は、その職種・業界の将来性を加味して仕事を決める方法です。

時代の変化とともに、業種にも流行り廃りはあります。

実際に、始めた当初は案件が豊富にあったが時間が経つに連れて案件の数が減少してしまい、案件の取り合いになることもあります。

苦労して始めた仕事が無くなる事態は、避けたいですよね。

そこで、これからの時代の変化、時代の流れからニーズがありそうな仕事を選ぶのが良いでしょう。

ニーズがある業界からは、仕事が無くなる事態を避けられるだけでなく豊富な案件の中から自分に合った仕事も見つけやすいですよ。

理想のライフスタイル

3つ目は、自分自身の理想的なライフスタイル・生活基準から逆算して仕事を決める方法です。

フリーランスになる方の中には、自分の理想的な生活を送りたいと考え目指している方もいるはず。

例えば、「本業の傍らで副業として稼ぎたい!」「稼ぎは最低限で良いけど時間をかけたくない…」などの理想があり、それを叶えるためにフリーランスという手段を取る方もいるでしょう。

ですが、目的を見据えずに仕事を選んでしまうと理想的な生活が送れずに「こんなはずではなかった…」と後悔してしまうことも少なくありません。

後に後悔しないためにも、初めから自分の理想的なライフスタイルを見据えて自分が送りたいライフスタイルに合った仕事から選ぶのも良いでしょう。

フリーランスの仕事を取る3つの方法

フリーランスが仕事を取る方法は、下記の3つです。

フリーランス1年目や2年目などは、案件が継続して獲得できないケースがあります。

なので、新規の仕事を獲得するのは必要不可欠です。

案件がなければ収入も目減りしていきます。

これからフリーランスを目指すのであれば事前に案件を獲得する方法を理解しておきましょう。

クラウドソーシングの活用

クラウドソーシングを活用して、仕事を獲得しましょう。

クラウドワークスやランサーズ、ココナラなど、多数の仕事が掲載されている代表的なクラウドソーシングサービスを活用すれば、あなたの理想や条件に適した仕事を見つけやすくなります。

また、はじめのうちは単価の低い仕事を受けつつスキルや経験を積み、高価単価案件の獲得を目指しましょう。

なぜならクラウドソーシングから獲得できる仕事は、自分のスキルや経験、実績によって決まります。

そのため、スキルや実績が乏しい未経験やフリーランスを始めたばかりの方は、理想に適した仕事を見つけても獲得できないケースがあるわけです。

理想に意識が行きすぎて足元をすくわれないよう、仕事を通してスキルや経験を積み重ね、着実に理想の報酬単価で仕事を獲得できるようにしましょう。

【ジャンル別】フリーランスクラウドソーシングおすすめ10選と口コミ、使い方を紹介

エージェントサービスを利用する

エージェントサービスを利用すれば、あなたの目的や条件に適した仕事を提案・紹介してもらえます。

今やっている仕事を行いながらでは、フリーランスの仕事探しになかなか時間を割けなかったりしますよね。

また、フリーランスの仕事を取った経験のない方の中には、本当に仕事が取れるのか不安を抱いている人もいるはず。

エージェントサービスでは、あなたに適した仕事を提案・紹介してもらえるので効率的に仕事探しができるだけでなく、仕事獲得に向け取引先へあなたの強みをどうアピールするかなどの対策を一緒に立ててくれます。

疑問や不明点があれば気軽に相談できるサポート体制が充実しているエージェントサービスもあるため、仕事を取れるか不安な方も安心です。

エージェントサービスは、自分に適した仕事をできるだけ効率よく獲得したい方には特におすすめですね。

【2021年最新】フリーランスエージェントおすすめ10選!選び方や注意点も紹介

企業や事業主へ直接連絡する

気になった企業や事業主へ直接連絡するのも、仕事を取る方法の一つです。

一見敬遠しがちな方法ですが、企業や事業主の中には人手が必要でもクラウドソーシングなどに求人募集をかけていないケースもあります。

また、募集していたとしても多数の仕事の中からでは見つけられない可能性もありますよね。

つまり、直接連絡をして確認してみないとわからないということです。

そのため、気になった企業や事業主が仕事の募集をかけていない場合でも、思い切って直接連絡して確認すると良いでしょう。

今回はフリーランスが仕事を取る方法を厳選して紹介しましたが、下記の記事ではフリーランスが仕事を取る際に活用できるサイトについて詳しく紹介しているので、良ければ参考にしてみてください。

フリーランスが在宅での仕事(案件)を取るには?方法やポイントも紹介

フリーランスの仕事探しで重要な3つのポイント

フリーランスの仕事探しで重要なポイントは、下記の3つです。

3つのポイントを意識しながら仕事探しに励みましょう。それぞれ解説していきますね。

ポイント1:信頼関係の構築

取引先と良好な信頼関係を構築できるよう心がけましょう。

フリーランスの仕事は、取引先との間に信頼関係があってこそ成り立つものです。

社内はもちろん、外部の方へ仕事を依頼する際にわざわざ信頼できない相手を選んだりしませんよね。

取引先は「この人ならちゃんと仕事をしてくれそうだな」と思うからこそ仕事を依頼するのです。

そのため、見栄を張ったり自分を偽るのは御法度。

フリーランスが仕事を探す際は、誠意ある姿勢で取引先と長期的な関係を見据えて信頼関係をつくれるよう意識しましょう。

ポイント2:単価を意識したキャリア設計

いざ仕事探しへ出かける前に、報酬単価を念頭に置いたキャリアプランをつくっておきましょう。

そもそもフリーランスの働き方を選んだ以上、理想とする生活や年収があるはずです。

理想をあいまいにしたまま仕事を選び働き始めれば、不本意に単価の低い仕事を続けていたり、後々「もっとしっかり考えておけばよかった..」と後悔しかねません。

そのため、自分はフリーランスとしてどんな働き方がしたいのか、どのくらいの報酬単価が理想なのかをはっきりさせてから、仕事探しへ出かけると自分の目的や条件に適した仕事が見つかりやすくなりますよ。

ポイント3:スピードと質を意識した働き方

スピードと質を意識した働き方を念頭に置いて、仕事を探しましょう。

仕事に納期がある以上、依頼された仕事の遂行はもちろん、価値のある成果物を納期までにどれだけ取引先へ提供できるかがフリーランスにとって重要となります。

納期をもとにスピードと質を意識した働き方は、仕事のパフォーマンスを高めるだけでなく、取引先との長期的な信頼関係の構築にもつながります。

強いては安定収入や単価の上昇、新たな仕事の紹介・獲得などにも繋がるため、あなたの理想のフリーランスライフを実現しやすくなるでしょう。

下の記事では、今期紹介した仕事を探す上での重要ポイントはもちろん、効率的に探す方法や注意点なども解説しているので、気になる方は参考にしてみてください。

フリーランスの仕事の探し方10選から高単価案件を獲得するためのスキルを紹介

エージェントサービスならフリーランスのミカタがおすすめ

フリーランスが仕事獲得を目指してエージェントサービスを活用するなら、フリーランスのミカタがおすすめです。

フリーランスのミカタでは、高単価な仕事を数多く取り揃えているだけでなく、一般には公開されていない未公開案件の提案や紹介も可能。

悩みや疑問があればいつでも気軽に相談できるサポート体制も充実しているので、未経験フリーランスの方でも安心して活用していただけます。気になる方は、下のボタンから気軽に相談してみてくださいね。

フリーランスのミカタについてさらに知りたい方は、以下の記事も合わせて見てくださいね。

信用できる?フリーランスのミカタの評判からおすすめな理由4選まで

まとめ

今回は、フリーランスの仕事を一覧で紹介しました。

フリーランスの仕事は非常に多く、職種と収入、求められるスキルも様々で自分に合った仕事を見つけるのは大変でしょう。

今回紹介したように、自分の中で目的と基準を作ることによって自分に合った仕事が見つけやすくなりますよ。

また、正社員として働くのかフリーランスとして働くかでは、同じ職業・職種であっても仕事の探し方や取り方など働き方は大きく異なります。

フリーランスとして働く際の第一関門は仕事探し。

下記3点を意識して仕事探しに励むと良いでしょう。

  • ポイント1:信頼関係の構築
  • ポイント2:単価を意識したキャリア設計
  • ポイント3:スピードと質を意識した働き方

この記事があなたの一層実りあるフリーランスライフの一助となれば幸いです。