年収598万はウソ!?Webエンジニアの年収を年代、地域、業種別に徹底調査

年収598万はウソ!?Webエンジニアの年収

Webエンジニアは稼げる職業と言われるようになったのは、最近のことですね。

求人ボックスの調査では、Webエンジニアの平均年収は598万円とサラリーマン以上に年収が高いんです。

「Webエンジニアってそんなに稼げるのか」
「給料のいい会社に転職したいからプログラミングスクールに通おうかな」

とあなたは考えていませんか?

しかし、ただ一般的なサラリーマンよりも年収が高いからといって、安易にWebエンジニアを目指すのは危険です。なぜなら、平均年収は地域別・年代別・業種別によって大きく年収額に振り幅があるんですね。

何も知らずに転職すると予想以上の年収の低さに肩を落とす可能性もあるでしょう。

そこで今回は、Webエンジニアの年収を徹底調査し、年代別、地域別、業種別などさまざまなな角度でWebエンジニアの年収を解説してきます。

そもそもWebエンジニアの仕事内容は?

まずは大前提として、Webエンジニアの仕事内容をチェックしておきましょう。

Webエンジニアの仕事は、Webサイトやアプリケーションの設計や開発をしたり、保守点検です。

Webエンジニアとくくると幅広い仕事内容になりますが、企業によっては開発が専門のフロントエンドエンジニアや保守点検専門のバックエンドエンジニアと細分化されている会社もあります。
企業の仕事内容によってばらつきがあります。求人票の仕事内容をよく見て、判断しましょう。

Webエンジニアの平均年収

では大前提が理解できたところで、Webエンジニアの平均年収を見ていきましょう。

  • 年代別
  • 地域別
  • 業種別

に分けて解説していきます。

求人ボックスの調査では、初任給は22万ですが中途採用になる方は大きく金額が変わってきます。

企業に転職する前にしっかりとリサーチしておくことをオススメしますよ。

年代別の平均年収

2019年の政府の統計調査ではWebエンジニアの平均年齢は42.4歳で、平均年収608万円の調査結果が出ています。

つまり、40歳近くになると平均年収万円に近づくんですね。

年齢平均年収
20〜24歳323万円
25〜29歳453万円
30〜34歳515万円
35〜39歳560万円
40〜44歳596万円
45〜49歳655万円
50〜54歳683万円
55〜59歳701万円

上記がWebエンジニアの年代別平均年収になります。
Webエンジニアは実力主義の世界と言われていますが年功序列があり、年齢を重ねることで給料もよくなる傾向があります。

ただし、年齢によって大幅な違いがあるわけではありません。実力次第で年収をあげられるのもWebエンジニアの良さと言えるでしょう。

地域別の平均年収

次に、地域別のWebエンジニア平均年収を確認していきましょう。

順位地域年収
1位関東地域536万円
2位関西地域482万円
3位中国地方455万円
4位東海地方452万円
5位九州・沖縄450万円
6位四国地方422万円
7位北海道・東北方421万円
8位甲信越・北陸地方417万円

上記が地域別の平均年収です。

予想通りではありますが、関東地方と関西地方が上位にランクインしていますね。

ただし県別で見ると神奈川県が1位で636万円、最下位は福島県で371万円となっています。その差は266万円で、上位と下位では大きく年収差が開いていることがわかりますね。

しかし近年働き方改革で地方へ移住する人も増えています。そのため、今後は地域別の平均円年収に変化があるかもしれません。

業種別の平均年収

次に、業種別の年収をみてみましょう。

転職求人のdudaによると、Webエンジニア関連の業種別年収ランキングはこうなりました。

順位職種年収
1位サーバーエンジニア463万円
2位ネットワークエンジニア455万円
3位 スマホアプリエンジニア443万円
4位Webサービスエンジニア419万円
5位データベース/セキュリティ381万円

となっています。

しかし、会社によって大きく変化しますのであくまで参考程度にしてくださいね。

IT業界の平均年収【業界別】

次に、IT業界全体の平均年収を見てみましょう。厚生労働省が公開している賃金構造基本統計調査(令和2年)では、389万でした。

年収は少ないと思いますが、12業界で4位の高年収の仕事です。正社員以外での雇用は年収300万円まで落ちてしまい、大きな格差がありますね。

次は、もっと詳しく業界を分けて年収をみていきましょう。

Web業界の平均年収

転職求人のdodaの調査によると、「Web業界の平均年収は441万円」となっています。

上記で記載したIT業界の平均年収は389万円でしたので、平均以上の年収がありますね。年代別で見ると20代では383万円、30代では478万円になりました。

上記のデータを見る限り、年令問わずして年収が平均と同等かそれ以上であるため、今後も期待される業界ではないでしょうか。

しかし当然新しい技術がどんどん生まれる業界です。想像以上に最新の技術を習得する必要があるため、厳しい業界でもあることを覚えておきましょう。

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界の平均年収を見てみましょう。求人ボックスの調査によりますと、

  • ソフトウェア開発の平均年収は495万円

になっています。

年収を全体で見ると、347万円〜921万円と大きな差があり勤務地や知識や経験によって年収が大きく左右されます。

スキルを身に付いておくと、昇給し年収を上がるので入社後もスキルを身に付けておきましょう。

ハードウェア業界

ハードウェア業界の平均年収を見てみましょう。マイナビエージェントの調査では、「ハードウェアベンダーの平均年収は499万円」となっています。

ハードウェアとは、パソコンやキーボードなど目に見えるIT機器のことを差します。ハードウェアベンダーとは、IT機器を開発から販売まで行う業種です。

最近では、IoT製品がどんどん登場しているのでハードウェア業界はソフトウェア業界よりも年収が高い状態にありますね。

情報処理サービス業界

さいごに、情報処理サービス業界の平均年収をみてみましょう。転職求人dodaの調査では、「ITコンサルティングは481万円」「Slerは445万円」になっています。

情報処理サービスは、企業の悩みを聞き業務の効率化や企業の課題までお手伝いするシステム保守の仕事です。

大手のITコンサルティングやSIerは、年功序列が残っており年齢が高いとその分年収も高い傾向があります。

30代になると、年収も大きく上がり年収500万円ぐらい出す大手企業が多いですね。

SlerとWeb系企業の平均年収の違い

次は、SlerとWeb系企業の平均年収の違いについて見てみましょう。

Sler(エスアイヤー)とは、「システムインテグレータ」の略で、システムの構築から導入まですべて請け負う企業のことを指します。

国や自治体、企業に対して納品しているIT企業です。

Web系企業は、Webサービス運営・提供するIT企業を指します。Amazonや楽天、SNSはTwitterやGoogle、LINEなどがWeb系に分類されます。

SIerの方が年収が高い

結論からいうとSIerの方が年収が高いです。

転職求人のdodaでは、「SIerは523万円」「Web広告マーケティングは478万円」と30代平均で50万円近く年収の差がありました。

理由は、SIerは取引相手が国や金融機関でしっかり人件費をもらっていることが大きな理由です。

しかし、Web系企業の下請けだと仕事の単価が安いので、給料をあげることが難しいデメリットがあります。

SIerからWeb系に転職する人も多い

年収面でデメリットがあるWeb系企業への転職ですが、SIerからWeb系企業に転職している人も多くいます。

理由としてSIerは、

  • 納期が決まっているので進捗管理が厳しい
  • スキルが学べない
  • SIer上流工程=エリートでタメ口になっている
  • WordPress案件が多い

もちろんSIerの大企業は、年収1,000万円になりますしSIerが悪いというわけではありません。ただ、SIerの下請け企業の場合こういうことがありえますよといいたいのです。

Web系企業へ転職した方は、上からの重圧やプレッシャーが少なくて働きやすいと話しています。

プログラミング別年収ランキング公開

ここからは、TECH streetが公開した「2020年プログラミング言語別年収ランキング」をもとに、今どんなプログラミング言語が年収が高いのか20代、30代をランキング形式で紹介します。

20代プログラミング言語別年収ランキング

20代プログラミング言語別ランキングはこうなりました。

  • 1位:R言語 476万円
  • 2位:Scala言語 440万円
  • 3位:Objective-C言語 407万円

聞き慣れないプログラミング言語なので、詳しく解説します。

R言語

R言語とは、統計やデータ解析になどに使われるプログラミング言語です。AIの影響で注目される言語です。

R言語はビックデータ解析にも使われますので、企業でも習得する方が増えてきています。

比較される言語でPython(パイソン)があります。大きな違いは、R言語は、データ解析や機械学習に特化しているのでWebアプリは作れない特徴があり、Pythonは汎用なのでWebアプリも作れます。

Scala言語

Scala(スカラ)言語は、2001年開発された新しいプログラミング言語です。

Scala言語できることは、Webサービスの開発やアプリの開発ができます。JAVAの後継言語として、注目されています。

まだ、日本ではScala言語を習得している方は少なく、重宝されておりScalaを身につけると転職しやすいといえるでしょう。

Objective-C言語

Objective-C言語は、iosのアプリ開発に使われるプログラミング言語です。

日本にはiPhoneユーザーが多いので、Objective-C言語は需要があります。しかし、1983年に開発されたObjective-C言語に変わる言語「Swift」が出てきています。

もしかしたら、今後Objective-C言語は使われない可能性もあります。

しかし、Objective-C言語はこれまでたくさんの方が使ってきたプログラミング言語なので、つまづいて困ったときの情報はネットにたくさんあります。初めて自分でアプリを作ってみたい方にオススメですよ。

30代プログラミング言語別年収ランキング

続いて、30代のプログラミング言語別年収ランキングを紹介します。結果はこうなりました。

  • 1位:R言語 569万円
  • 2位:Go言語 562万円
  • 3位:Perl言語 555万円

詳しく解説していきます。

R言語

30代1位は、20代一位にもなったR言語でした。

R言語は、統計やデータ解析に特化した言語です。その他にも機械学習で教育の現場にも注目されています。

今、世の中の企業がビッグデータやアナリティクスに関心があることがわかります。

Go言語

Go言語は、Googleが開発したプログラミング言語です。

どのような言語なのかは、「シンプルかつ高速処理可能なプログラミング言語」で動画サイトの「YouTube」やフリマサイトの「メルカリ」と様々なシーンで使われています。

Go言語でできることは、Webサーバーの構築やアプリケーション開発と汎用性が高い特徴があり、需要が高くなっています。

シンプルで「誰が読んでもわかりやすい」メリットがあります。そして動作が軽い分処理落ちしにくい特徴もあります。

Perl言語

Perl(パール)言語は、webサービスに特化したプログラミング言語です。

他の言語Ruby、Pythonに比べると歴史がある古い言語です。現在は人気がだんだんとなくなってきていますね。

2030年あたりには使われなくなっているだろうとも言われております。しかし、柔軟で人より変わったものが作れるので、触れてみるのも良いでしょう。

Webエンジニアの年収をUPする方法

次に、Webエンジニアの年収をUPする方法を紹介します。

転職して最初は給料が減ったけど、給料が上がらないと仕事のモチベーションも上がりませんよね。

ここでは、3つ紹介します。

経験年数

まずは、経験年数です。

経験年数を積むことで、コーディング以外の仕事も任されるようになります。

  • 採用
  • チームのマネジメント
  • プロジェクト責任者

まずは、経験値を増やすことを重視して仕事をして年収をUPさせていきましょう。

勉強を続ける

2つ目は、勉強を続けてスキルアップしましょう。

目に見えるものは、転職時に有利です。なかには、GitHubアカウントを提出する企業もたくさんあります。

GitHubとは、世界中の人がプログラムやデザインコードを保存・公開できるサービスです。仕事内でもGitHubを使うことがあるので「GitHubは使えることが前提」の企業も多くなっています。

強制されなくても、自分から勉強できる人材を企業は求めているんですね。

フリーランスになる

さいごに、フリーランスになることです。

フリーランスは自分で仕事をとってきて、自分で仕事をする人たちです。完全自営業なスタイルです。

時間に縛られない働き方やどこでも仕事ができることから注目されています。なかにはフリーランスで1,000万円稼ぐ方もおり、自分の努力次第で年収を上げることができます。

フリーランスエンジニアとは?年収から案件内容、実態まで簡単に解説

まとめ

今回は、年収598万はウソ!?Webエンジニアの年収を年代、地域、業種別に徹底調査について紹介しました。

WEbエンジニアの平均年収は、地域や業種によって大きく年収が変わることがわかりました。他の業界に比べても平均年収は高く、経験年数が長くなるほど年収も高くなる傾向がわかりましたね。

転職する前にはしっかり情報を集めて転職活動をしましょう。

こちらの記事もおすすめ

Webエンジニアはきつい!8つの理由と向き不向き焦るな危険!Webエンジニアがきつい8つの理由と向き不向きの特徴 webエンジニアは甘くない!webエンジニアは甘くない!未経験や転職者ほど罠にハマるギャップも紹介